2016-04-25(Mon)

金田一三観音詣り

3kannnonn


4月23日(土)には、私たちの恒例行事「金田一三観音詣り」を行いました。
岩手日報、二戸市観光協会の宣伝効果もあり、46名の参加となりました。
盛岡、久慈と遠方からの参加者もいましたので、金田一の宝マップを利用して地域の歴史も紹介しました。
私たちのメンバーを入れますと54名となりましたので、ゆっくりと歩き安全に努めました。
最高齢は88才で、大体60歳が中心となりましたが、30歳代の方も7名ぐらい子どもも5名いたことが何よりうれしいことでした。
歩き終わり集合場所の場所延命地蔵尊でてんぽのお振る舞いと金田一の昔話をしました。
みなさん、観音様に見守られてとてもさわやかな顔をしていました。
<金田一三観音>
日ノ沢観音は、十文字川の上にあります。
緩やかな山道があり途中には亀の頭をつきだしたような岩があり縁結びとして祀られています。
金田一中学校の桜並木をぐくり、学校を見下ろすように歩くと杉の道があらわれ苔むした場所があります。
そこを登ると、ひっそりと天神山野観音様があります。そして、金田一小学校の裏道を登り歩き12曲がった道をのぼりつめると
舟沢観音があります。山の山頂付近には広がる岩が立っています。そこに観音様が祀られています。
どの観音様も地域の人々に親しまれ愛されています。

omamori
syutupatu
2016-03-29(Tue)

恒例行事

28年度も、静かに始まろうとしています。
4月2日(土)は、総会。
そして、恒例の行事「金田一三観音詣り」は23日です。
昨年は、45人と言う人数に驚きましたが、今年はどうなることか・・・。
金田一三観音は、「日の沢観音」「天神山の千手観音」「舟澤観音」です。
3つお参りすると御利益があり、3年お参りするとより御利益があるといわれています。
真ん中の千手観音は「一生に1つだけのお願を聞いてくれる」と、言われています。
なんて、ロマンチックなパワースポットでしょう!
そして、昨年から始まった「市日に出店」は、24日から行う事にしました。
金田一の市日は、「4」の付く日です。6月までは、4の付く日の市日に出店をしたいと思います。

かんのん
2016-03-06(Sun)

28年度へ向けてGO~

平成27年度もいろんな行事を行いました。
「金田一三観音参り」を初め、「ほうきづくり」「ちゃんちゃんこづくり」「赤カブ漬物講習会」
そして、「げっぱそりレース大会」です。
「げっぱそりレース大会」は、岩手いきいき財団から助成金をいただき開催しました。
親子製作には15組の親子(2組は大人)が集まり、「げっぱそり」を製作しました。
1月31日の「げっぱそりレース大会」には、子供小学生19人、大人8人の参加をしていただきました。
レースは和やかに行われ、木製そりは楽しかったようです。
来年は、よりゃんせのイベントも増えたことですので
少しイベント内容を改良してより多くの方にも参加してもらえるように工夫をしていきたいと思います。

今年も無事に終わりましたし、そろそろ総会資料を作成しましょうか!

ゆめちゃん


そり
2015-10-24(Sat)

蓑ヶ坂によりゃんせ!

kouyou
torextukinngu

「カシオペア・エコツーリズム・フォーラム」
よりゃんせ金田一のガイドで「蓑ヶ坂トレッキング」を行いました。参加者は60名。
小雨で、傘をさしてかっぱを着てのトレッキングでした。
雨の降る山道に秋の色とりどりの葉っぱがとてもきれいでしたが、頂上から見下ろす風景は雨空で残念でした。
山頂では、よりゃんせの「てんぽ」のお振る舞いや温かいお茶、もぎたて産直さんの野菜販売をし、
昔ここにあった茶屋のことをお話ししました。
雨が強くなりましたので、急ぎ足のガイドやおもてなしでしたが、
みなさん、これに懲りずに、また、蓑ヶ坂によりゃんせですよ!
来週31日は、「きぼう塾」です。


tyouzyou
tyouzyou
2015-08-01(Sat)

昭和の遊びはあつい!

水鉄砲

15組33人の参加で始まった
「夏休み企画、お父さん、お母さんも遊ぼうよ。昭和の遊びと、二戸のこびる「てんぽ」焼き体験」

今日も暑かったのですが、子供たちは、昭和の遊び「ぱかぱか・鳥笛・コマ遊び・水鉄砲」を夢中になって遊んでいました。
竹で作ったぱかぱかは、おもしろいほど音が鳴り、元気の良い子は走るように動いていました。
水鉄砲は、暑い夏にピッタリでどの子も大はしゃぎで水を飛ばしていました。
このポンプ式水鉄砲の名は「じっき」と、いうそうです。
このポンプ式が特に気に入ったらしく、どうしてこんなに飛ぶのか不思議だった子が解体をしていました。
長寿会の方が、「こうやって壊すことで遊びのやり方がわかり楽しみが出てくるものだ」
「何もない時代だったからこそ遊びを探し、物を工夫をして試行錯誤で遊び楽しんだものだ」と、
昭和のわんぱくだったころの姿を見せながら、丁寧に子供たちにやり方を説明していました。
1つ1つの物にはこだわりがあり、お金では買えない温かさがあると思いました。
二戸のこびる「てんぽ焼き体験」は、簡単に見えて意外とてんぽ型が重たかったらしく、
ついつい持ち手を握ってしまい、せんべいのようになり焦げてしまった物もありましたが、
自分で作ったものをおいしそうに食べていました。
今回の企画は、子供も大人も楽しめるように3世代交流でもりだくさんにしましたが、
実のところ私たちスタッフが1番楽しんだようでした。

tennpoyaki
プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: