--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-27(Sun)

下平延命地蔵尊

金田一小学校附近にある『下平延命地蔵尊』
この地蔵尊のお地蔵様には、お話があります。(金田一村誌)

この地蔵様は、今から約二百五十四年前の元文元年丙辰歳(ひのえたつとし)に大阪京橋で工作されたものを、一戸町の廣全寺に届ける様に地蔵様の體(からだ)に彫ってある。
多分、廣全寺で注文したものであろうか。

大阪より太平洋回りで海路を八戸港まで運ばれ、八戸港より陸路を土車で一戸町まで運ばれる途中、金田一昔の旧道(現在の馬場の地の線路添い)沢田索さんの裏方で一本杉のある所へ来て、
一服休みをしていた。
その後、人夫達が再び土車を引こうとしたが、どうしたことか、全然動かなくなった。

近所の人達をたのんで引っ張って見たがびくともしなかった。
不思議に思った村人がこれは何かの祟りなりやと巫女(イタコ)に拝んでもらったら、それは金田一の人達から拝んでもらいたいとのことだった。
村人達が安心して、その地蔵様をこの地の場所へ祀ることとした。
一方、一戸町には新しい地蔵様を造って送ったという。

それ以来、この地を安住の地と定めていた地蔵様。
百五十年間崇拝されていた場所を明治二十四年、東北本線のためにその場所が線路にかかるので立ち去ることになり、現在の(当時村はずれのお仮屋)お旅所へ移されたものである。

この地蔵様は延命地蔵尊であり、今はお堂の中に安置されている。
目の神様と子供の健やかな成長を願ったものであり、昔は遠くから崇拝に訪れる人で賑わったといいます。
 
★昨年と同様、この『下平延命地蔵尊』から金田一宝巡りは、スタートします。

jizo.jpg


スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

※管理者にだけメッセージにチェックを入れると、コメント非表示・管理者のみの閲覧(非公開状態)になります。公開希望の方は、ご注意ください。

comment

プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。