--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-04-29(Wed)

3つの効がある

お堂


4月の定例会で「金田一三観音詣り」の打ち合わせをしました。
今回の観音詣りでは、参加者の皆さんに日ノ沢観音の御子様から頂いた御塩や御米
そして、よりゃんせで用意した「御札」を差し上げる事にしました。
また、お堂の中で昔話も披露することにしました。
巡礼には3つの効があるといわれています
「信仰」「健康」「観光」だといわれています。
春になると、12曲りの舟沢聖観音様に訪れる人が多くなります。
今日も杉の木会の皆さん20名が観音様に会いに訪れていました。
ここにも昔話があります。

【耳切天王】


昔昔その昔、此の付近の神様方がお集まりになって、重大会議をお開きになられた。
それは、金田一及び附近一体を海に変化されて海産物の産地にしよう、との御相談であった。

ところが或神様は、「此の土地は古来農業・養蚕の土地である」
と、海に化すことを不適当を論じ、海化反対論を唱えられた。
しかし、他の神様方は誰一人として是に応じて下さらず、巳に(すでに)海に変えることに決定しそうであった。
自分の説を容れられなかった神様は、此んな馬鹿げた相談は「聞きたくも見たくもなし」とて、後ろの山にお登りになり、
頂に居られることになられた。

反対者のなくなりし事を此れ幸とばかりに、神様がたの行動は日増しに烈しくなり、
後の山までも響く有様であった。
其れを聞いて居らねばならぬ苦しさに耐えかねた神様は、耳を斬り、他の神様に居られた。

其れから間もなく、金田一及び附近一帯は海に帰られ、神様方は御満悦の態であった。
此の悦も束の間、やがて大津波に襲われ、神様方は皆おぼれてしまわれた。
唯、先の一神様のみは、高い山にあって津波をのがれることが出来た。
そして、御心のままに、金田一及び附近一体は元のような原野に化され、農業・養蚕の土地とせされた。
此の事があって以来、此の山を非難山と称し、その神様を耳切天王と呼び、農業・養蚕の守護神とし
て祀ったという。

現在、非難山はあっても、耳切天王の鎮座所は明らかでない。
巫女の口よせによれば、非難山の西向の所に鎮座されている……と言う。
そこで、村の有志数名で探し廻ったが、遂に見当たらなかった、ということである。
古老の談によれば、一度その御姿を見ることがあっても、二度と見つける事はできないと。

此の話は、よく寝物語りに祖母から聞かされたものです。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

※管理者にだけメッセージにチェックを入れると、コメント非表示・管理者のみの閲覧(非公開状態)になります。公開希望の方は、ご注意ください。

comment

プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。