2015-04-16(Thu)

そばと山鳩

日ノ沢観音付近にある昔話をもう一つ。

樋の清水明治天皇東北御巡幸の折に、御膳水として差し上げた清水です。
<そばと山鳩>

むかしむかし、金田一のあるところにデデとガガとむすこの百姓が住んでいたず。
毎年毎年、凶作飢饉で米がとれながったず。
そこで、あらきをおこしてあらき畑を作ってそばを植えることにしたず。
デデ、朝早く起きて早々と畑さ出かけて行ったず。
その畑は、樋っこの橋を渡って、トトメキ、海老田、神山、にじゃがを上ったところにあったず。
ガガ、むすこさぁ「デデ、あらきばだけさいって、そばまいでらへで、いりっことどけろ!」と、いったず。
むすこぁは、届けることにしたず。しばらくいくと、樋っこの橋さぁ通りかかったず。
ひょいと、橋から川を見ると、じゃっこ、1匹みえだず。
「じゃっこもはらへってるべなぁ~」と、思って手さ持ってるいりっこ、ぱぁっとまいたず。
したっけぁ、2,3匹集まってきたず。こんどぁ、ぱらぱらとよけいにまいたず。
そしたっけぁ、いっぺぁ集まってきたず。おもしろくなってどんどんまいで、気が付いたどきゃ空っぽになってだず。
「こりゃ大変だ~。デデはらすかせでいるごった~あやまらねば~」と、さきをいそいだず。
畑さついてあたりをみわたすと、デデ、そばの種まきかげで倒れでしゃっこくなっていたず。
「デデ、もうしわけねぇ、もうしわけねぇ。デデ、もうしわけねぇ」と、泣き続けでむすこぁ血を吐いてしんでしまったず。
二人とも天さぁのぼっていってしまったず。
ガガ、2人とも帰ってこねえへで、夜が明けるか明けないうちにあらき畑さぁいったず。
しかし、2人をみっけれながったず。
したっけぁ、畑の真ん中に山鳩ぁ1羽いで、何だかしゃべりながらそばの種まいでたず。
よ~く聞いてみだっきゃ、涙っこ、ぼった、ぼったと、ながしながら「デデ、こっこけぇ、デデ、こっこけぇ、デデ、こっこけぇ~」と。なんども、なんども、頭を上げ下げして「デデ、ゆるしてけろ、デデ、ゆるしてけろ」って、ソバの種まいでだず。
山鳩の目が赤いのとそばの茎ぁ赤いのは血の涙が染まったのど、ソバの実ぁ三角なのぁ、流した涙ぁソバの実さ当たって三角になったず。
どっとはれ。

デデは父、ガガは母、いりっこはこうせんという麦の粉を炒ったもののようです。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

※管理者にだけメッセージにチェックを入れると、コメント非表示・管理者のみの閲覧(非公開状態)になります。公開希望の方は、ご注意ください。

comment

プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: