2008-03-25(Tue)

きんかもち

お彼岸も終わり、世間は春休みのまっ最中です。

今日は、子供たちとの月一回のおやつ作りの日です。

いつもは、クッキーやうどん、かりんとうなどですが、今日は、新しい物に挑戦しましたbikkuri01

行事食の一つ『きんかもち』です。

まずは、くるみをとり、しょうゆ、ごま、さとう、黒砂糖で、中にいれるあんを作ります。

硬いくるみの殻を見て、不思議そうに「リスの歯は、すごいねぇ」と言った子がいました。
(今時の子は、くるみも知らない子もいるようですね~)

あんが出来ると今度は、皮です。
小麦粉は、金田一で生産している「菅原製粉」の南部小麦粉を使用しました。
子供たちの中には、中国の餃子事件以来、食に対し関心をもつ子がいて、日本産にこだわります。

私も、子供たちには出きるだけこの地で採れた物を食べさせたいと思っています。
この小麦粉に少しの塩をいれ、少しずつ熱湯を注ぎ、捏ねながら耳たぶぐらいのやわらかさにします。
そして、小判型にしてあんをいれ半分にし、半月のような形にします。

なべいっぱいの水を沸騰させてます。
一つ一つ、ゆっくりと入れ、浮き上がってきたら出来上がりです。
出来たものは、不恰好でしたが、子供たちの笑顔でおいしかったですよ。
 

私たちの地域では『きんかもち』と呼ばれていますが、別名『かます』もちとも呼ばれています。

送り盆にお供えをするものとして伝えられているものの一つです。
「仏さんが、帰り道のおなかがすかないように」とお土産に持たせるというやさしいきもちから生まれたものだそうです。

どの子も、優しいこになるように・・・・。願っています。

kurumi.jpg


omoti.jpg


スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

※管理者にだけメッセージにチェックを入れると、コメント非表示・管理者のみの閲覧(非公開状態)になります。公開希望の方は、ご注意ください。

comment

プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: