2013-11-24(Sun)

準備はオッケー

二戸は、日一日と寒くなり、いつの間にか秋が終わり、冬になったようです、
きょうは天候もよいので、12月8日に行われるイベントの準備をしました。
12月8日はイベントが2つあります。
1つ目は、男性軍の「げっぱそりを親子で作ろう!」今日は、木材を切りキット作りです。
慎重にくぎを打つ場所に印をつけていき、木材をそろえていきます。
この木材舵取りそりを親子で作る企画を12月8日に行います。
親子でも、祖父母でもオッケーです。良い思い出になると思いますよ。
作り終えたら、レース大会を開きたいと思っています。

げっぱ
組み立て

2つ目は、女性軍の「手仕事エコツアー・ほうき作り」
きょうは、刈り取りをし干して束ねていたほうき草を1本1本揃えていく仕事です。
どちらの仕事も、根気と丁寧さが必要です。
冬の日は、日が暮れるのが早いのですが、みんなで一緒に仕事をしたので
思ったよりも仕事がはかどりました。
イベントまでは2週間ほどありますので準備に準備を重ね、皆様を迎えたいと思います。

しかし、ほうき作りの手間がかかることかかること・・・・。
最初に、畑に種をまき順調に育つように草取りを2回、背丈ほどになり穂が垂れてきたら天気の良い日に刈り取り
干していく。カビが生えないように2日間干したら保存をし、実を取り除く。
ここで活躍するのが昔の機械「脱穀機」
そして、茎を切る「おしきり」
『こんなの古くって使えやしない・・なんて、思い捨てそうになった』と、言っていましたが、
昔の物は使い勝手がよく、理に適っていますね。
それから、選別作業。
これが思ったよりも時間がかかります。
ほうきの穂先をきちんと揃えていかなければ出来上がりがうまくいかないそうです。
穂先の長さや太さでほうきの種類が決まりますので、きちんと選別しなければなりませんね。
こうして、数をそろえていき、ほうきを編み込むのですが、これはお客様の仕事になります。
世界で1つ、自分が作った箒。
愛着がわくと思いませんか!
このエコツーに参加してみませんか!せんべつ

お店に行くと、ついつい値段で評価してしまい「南部巴ほうき」は、値段が高い!なんて
思っていましたが、(なんと、九戸の名人さんが作った箒は100万円のものもあるそうです)
このように、1つ1つに手間をかけて作られるのですから貴重品ですし、当たり前かもしれませんね。
使って見るとわかるのですが、畳はもちろん、じゅうたんのごみがきれいに取れます。
それから、サッシのサンの部分。細かいところにも役に立ちます。
私が、嫁いできたときに母が嫁入り道具の1つとして持たせてくれたほうきを今でも使っています。
室内で使い終えたほうきが、少し穂が取れても捨てないでください。
それを、下ろして庭ほうきにするとよいそうですよ。
エコのエコツアー・・。参加者募集中です。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

※管理者にだけメッセージにチェックを入れると、コメント非表示・管理者のみの閲覧(非公開状態)になります。公開希望の方は、ご注意ください。

comment

プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: