--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-10-06(Sun)

化石の宝庫

化石ツアー


金田一のここが知りたい講座第2弾>「金田一温泉化石ツアー」
天候は曇りでしたが、散策にはちょうど良い気分です。
26名の参加でした。
その中には、6組の親子が加わり大変にぎやかでした。
散策ルートは馬淵川沿いから長川までと、だいたい40分のコース。
子どもたちにも歩きやすく安全な場所を選びました。
温泉センター駐車場で講師の先生のお話を聞き、くつろぎ広場へと向かい馬淵川沿いに着くと、
『待っていました』とばかりに、子どもたち、子ども顔負けの大人たちが、我も我もと化石を見つけようと真剣になりノジュールを探しました。
講師の先生に「これはどうですか?」と、丸い形のノジュールらしい石を次々見せ、
「これは、ノジュールだ」と聞くと、意気込んでカナヅチを振るっていました。
一生懸命、割っていくと、貝の化石がはいっている物もあれば、残念、何もないものもありました。
命運がはっきりとしているだけに悔しさが残り、再度、一生懸命探す子の姿がありました。

講師

馬淵川沿いを歩き、亀麿神社で大きなノジュールの説明を聞き、長川へと向かいました。
長川の支流へと歩いていくと、蛍がいる場所らしくきれいな景色が続きます。
きれいと表現するには、物足らないようなまさに聖地です
本当にパワースポットですね。

探索

講師の先生の指さす方を見ると、川にノジュールがあるのがわかりました。
「この地に住んでいるのに初めて来た。初めて見た。」と、いう人もいて感動が隠せない声が聞こえました。
私が「すごい場所なのですね!」と言うと、「この地は、「化石の宝庫、登竜門いや甲子園と、呼ばれているのですよ。」」と、
観光流通課の方が教えてくれました。
訳を聞くと、化石の興味のある人がこの地に来て、幸運にも珍しい化石を発見し名前を付けることもあるという。
私たちの住む町は、こんなに素晴らしい場所なのですね、再発見した日でしたね。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

※管理者にだけメッセージにチェックを入れると、コメント非表示・管理者のみの閲覧(非公開状態)になります。公開希望の方は、ご注意ください。

comment

プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。