2013-05-12(Sun)

タラの木とせんの木

主人と一緒に叔母の山に「タラの芽採り」に行ってきました。
叔母の山は金田一海上の奥深くにありますが、叔母が山菜をとる暇がないことをよいことに採っていく人が後を絶たないのです。
いつも私たちが遅くなり、採られた後に行くので叱られてばかりいるので、
今回は早めに出かけることにしました。
深き山道を車で通ると「九縁の三本松」という巨木がありましたが、根元から倒れてしまい無残な姿になっていました。
二戸市では巨木を宝としているので指定された巨木は説明板があります。
この木には山の神が宿っていて、木の周りに小さな祠があると書かれてありました。
雨が上がって間もないしぬかるみが多かったので通り過ぎることにしましたが、
少し後ろ髪を引かれますね。(車の中から手を合わせてしまいました)
九縁の杉
叔母の山



叔母の山に入ると手入れをしていないせいか景色が変わったと主人が言った。
フキを踏まないように歩くと、やはり野ばらが多くなりタラの木が少なくなっていました。
そして、乱雑に採られたせいか木々が枯れているところが多かったせいでタラの芽が出ていなかった。
人の山に入るのも罪だが、山菜取りにもルールがあると主人が怒っていました。
ほんの少しのタラの芽を採り帰る道は寂しいものでした。
あの巨木の前を通ると、「せんの木」があることに気が付きました。
この「せんの木」の若い芽が食べられると聞いていたので主人の二人で高枝ばさみで採りました。
今日の夕食は「タラの芽とせんの芽」のてんぷらになりました。
せんの芽はクセがあり、青臭い匂いがします。
それがまた食欲を楚々います。
山の神様の恵みかもしれませんね。

せんの木
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

※管理者にだけメッセージにチェックを入れると、コメント非表示・管理者のみの閲覧(非公開状態)になります。公開希望の方は、ご注意ください。

comment

プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: