--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-15(Mon)

野鳥観察会

新しいパソコンになり、始めてのブログです。
4月14日(日)金田一温泉郷、馬淵川沿いにいる野鳥を観察するために金田一温泉センターに12名が集合しました。
講師の先生は、三角先生です。

01_20130415152648.jpg



「今、飛んでいるのは、なんていう鳥でしょうか?」と・・・・
先生の指さす方向に視線を合わせ、ようやく鳥を発見しました。
「あれが岩燕です」と、言っているうちに鳥が飛んで行ってしまう・・・・。
「鳥は目的があるから飛ぶのです。」(哲学みたいだ・・・)
川沿いをぼんやりと見ていると、すぐさま先生が「あ、鳥がいます。かもです。そして、カワセミもいますよ!」
「え、どこに?」私たち凡人には、見えないのです。
指さす方向を食入るように何度も何度も見ることで、やっと、鳥と出会うのでした。

馬淵川沿いや温泉郷の田畑をこうやってゆっくりと歩くことがあまりなかったので、
春がすぐそこまでやってきていることを知りませんでした。
そして、金田一に住んでいながらこの地のことを知らず、
歩く道々に咲いている葉っぱにまでついつい興奮してしまったのは私ばかりではないようでした。
感動したこともたくさんありましたが、残念だったこともたくさんありました。
特に、川沿いのごみです。
自然破壊につながるごみ(不燃物)があちらこちらにありました。
ごみに囲まれて暮らしている鳥たちがいたのです。
間違って、ごみ交じりのものを食べたりしたらどうなるのでしょか。
たぶん、川沿いがこんなだったら、川の中も大変なことになるているのではないのでしょうか。
生活水を平気で捨てている場所がありました。
そのあたりに、たくさんの小魚がいて汚染された水の中に暮らしているのです。
その魚を食べるとどうなるのでしょう・・。
まわりまわって、人間にも害がやってくるのです。
そういえば、この辺一帯には、ノジュールがたくさんあり化石の宝庫でもあるのです。
古代を知る貴重なものですね。
私たち人間が自然を壊したのだから再生しなければならないのですが、それには時間と力が必要です。
子供たちにもわかってもらい協力してもらわなければ事が運ばないほど難しいことかもしれません。
わかってもらうためにも、こういう観察会をなんどもして地域力を集めなければなりませんね。


*観察会に来ていて恥ずかしいことですが、鳥の写真はデジカメで撮ることはできませんでした。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

※管理者にだけメッセージにチェックを入れると、コメント非表示・管理者のみの閲覧(非公開状態)になります。公開希望の方は、ご注意ください。

comment

プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。