2008-02-15(Fri)

涅槃、お釈迦様の日

2月15日のお釈迦様の入滅の日(亡くなられた日)に因み、涅槃図を掲げ花草団子を供えて釈尊の遺徳を讃えます。

各寺院では、お釈迦様を供養をして、お団子をまくところもあります。これを拾って食べるのは、お釈迦様にあやかりたいからだと云う。
また、この団子を頂くと、お釈迦様が病気を引き受けてくれるからだといわれています。

家々では、赤飯を炊いてお供えしたそうです。

(お釈迦様が誕生した日は、4月8日)

「涅槃図」(ねはんず)

お釈迦様も年老いて、最後の地と定めたクシナガラというところに旅にお向われたが、途中病に倒れました。
いよいよ臨終になる寸前、お釈迦様が沙羅双樹の下で北を枕にして右脇を下にして横になりました。

そのとき沙羅の樹は、急に全ての花が満開に咲き、花びらは如来を供養するごとく散り注ぎました。

その時お釈迦様は名言を残されたそうです。

「弟子たちよ おのれと真理を灯火とし、おのれと真理を頼りなさい。
他を頼ってはならない。もろもろの現象はうつろゆく怠らず、努めるがよい」

やがてお釈迦様は入滅されました。
お釈迦さまは2月15日満月のもとに、インド・クシーナガラの跋提河(ヒラニヤヴァティー河)のほとり、沙羅双樹の林の中で、頭を北向きに西に顔を向けて横たわり、入滅(にゅうめつ・亡くなること)されたといわれています。
その様子を描いたものが「涅槃図」で、宗派を問わずどのお寺にも備えられているようです。

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

※管理者にだけメッセージにチェックを入れると、コメント非表示・管理者のみの閲覧(非公開状態)になります。公開希望の方は、ご注意ください。

comment

プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: