--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-19(Tue)

子どもの世界と大人の世界

kodomo

最近、子ども達の遊びがとても気になり、悩みでした。
遊びを見ていると、「地震ごっこや津波ごっこ」をしています。

遊びの始まりは、「地震警報、地震警報。まもなく津波がきます。非難してください。」と、実にリアルです。
非難をしていて逃げ遅れたらレスキュウがきたり、自衛隊が来て助けてもらうパターンや、
いろいろなものが押し流されていく津波の様子ごっこ。

子どものする遊びで、他愛もない事だと簡単に片付けるには、災害の被害が大きく悲惨です。
この遊びをやめるように言うと、「どうして?」という顔をしていました。

そして、昨日はとても大変なことが起きました。
朝、一人の男のこの様子が変なのです。
元気がありませんし、しょんぼりとしていました。
そんな中、地震ごっこが始まりました。
「津波がきま~す」と大きな声で言うと、その子の顔が変わり泣きそうな大きな声で「やめろ!」と一言、
言い出しました。
皆、びっくりしました。
(喧嘩になるかな・・。)
しばらく見ていると、そのこの眼から涙がこぼれてきました。
男の子はそれっきり語らず、黙りこくってしまいました。

妹や、おじいさんから話を聞くと、
昨日、家族でお父さんの仕事場を見に行ったらしいのです。
お父さんの職場は大船渡でした。
港の近くだったらしく、今回の津波でアパートが津波に飲み込まれてしまい、
お父さんも危い所だったらしくようやく非難をし、とても怖い思いをしたらしいのです。
昨日は、家族でアパートの片づけをしに行ったとのこと。
最初は、家族で行く事を躊躇していたらしいのですが、
真実を見せたほうが良いのでは・・と考えたそうです。

真実は、現場は、凄まじいものだったらしく、
子どもでも、ただ、ただ、涙が出て、言葉を失うほどだったらしいのです。
そんな時に、災害ごっこをしたので大変な事になってしまいました。
皆で話し合うチャンスと思い、男の子の心情を話すことにしました。
すると、皆も黙り込んでしまい、ショックだったらしく考え込んでいました。

子どもの世界は、時にはシビアで、悪気がなくストレートです。
傷つく事も過多あります。
誰かのことを思いやることができるようになるには時間がかかるのかも知れませんね。
皆、それぞれ、災害の重さを感じたらしく優しい気持ちと言葉で男の子に接していました。

さて、昨日は、午後から地域振興課の方々と今後のエコツーリズムについて話し合いをしました。
私たちは、このままエコツーリズムを進めてもよいかとても不安でしたので
良いアドバイスをもらい少し安心できました。
(やっぱ~やるしかない!!
大人の世界も大変です。!!

エコツーリズムに、二戸に金田一においでくださった方々には、
精一杯のおもてなしをして元気になってもらいたいと思います。!


obaatyann

梅
梅のつぼみがふくらんできました。
今日は、あいにくの雨模様ですが、少しづつ春の足音がしてきましたね。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

※管理者にだけメッセージにチェックを入れると、コメント非表示・管理者のみの閲覧(非公開状態)になります。公開希望の方は、ご注意ください。

comment

プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。