2010-09-13(Mon)

真心溢れて・・・

2回目の当国三十三観世音詣りに行ってきました。
天候は今日も雨でしたが、準備は万端です。
紫波中央駅で、「しゃ・べーる」の皆さんが
出迎えてくれました。

 今回も満員の大型バス。
sya/be-ru


「しゃ・べーる」の皆さんが、行き先々の観音寺まで退屈しないように、
地域にまつわる話しをたくさんしてくれました。
そして、きれいな歌声で郷土の民謡も歌ったり、訛り言葉を入れた昔話も披露してくれました。
eki

tera

 観音寺には、ご詠歌(ごえいか)があり、
仏教の教えを五・七・五・七・七の和歌としたものだそうです。
 23番の高木寺には、「みなびとの あゆみをはこぶ たかぎでら
たまのうてなに いるみとぞなる」
というご詠歌がありました。
意味は、なんとなく解るような気がしますね。
昼食が遅くなるからと途中でもらった「饅頭」には優しい気持ちが隠れていました。
oyuzuri


「おゆずり」というものは、さらしに寺のお印をついたものです。
行き先々のお寺を守っている別当さんの所にしゃ・べーるの方々が行き印を押してくれました。
やっと、半分の御朱印が集まりました。
願いを込めてお経を唱えると叶うと云い、皆に習いながら唱えました。
隣を見ると、主人の方が熱心に唱えています。
寺や城が好きな主人は、ミイラ取りがミイラになったようですね。

 人間慾が絡むと・・・必死になりますね。

今回は、バスでの交通が不便な所ばかりで、歩く事が多かったのですが、
雨のハイキングもまんざらでもありません。
秋の七草を、教えてもらい、てんぷらにして食べることも知りました。
本当に何でも知ってる博学なしゃ・べーるさんたちです。


山の上の寺では、うばゆりの実がひっそりとまっていてくれました。
ubayuri


食事とお風呂は「ラフランス」でおそばと天丼。
(これで、1000円だから安い!)

osoba

 女性には、ちょぴり多く、お野菜があればよかったなぁと思いながらも全部食べてしまいました。
(できれば、カロリーものせて欲しいですね!)
どこに行っても、岩手はおそばがつきものですね。
その間、飽きないようにとしゃベーの方々がビデオを見せてくれました。
このビデオは、参加者の方が好意でとってくれたものだそうで、1つ1つ丁寧に撮れていて、
私のお経を間違ったという顔まで収めていました。
最後には皆で、綾小路きみ麻呂(失礼かもしれませんね)のような
「しゃ・べーる」のみなさんに、温かい声援と拍手を送りました。

しゃ・べーる

私たち初心者には、ご丁寧にまでも丁重なこのコースがぴったしのようで、
来年の参加希望を言う人もいました。


私たち「よりゃんせ金田一」も見習わなければ・・・。
来年には、ぜひ、皆で参加したいと思います。




スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

※管理者にだけメッセージにチェックを入れると、コメント非表示・管理者のみの閲覧(非公開状態)になります。公開希望の方は、ご注意ください。

comment

プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: