--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-26(Sun)

観音様と花冷え

昨日は、「春探し」で子供達と「舟沢観音様」に行ってきました。
金田一の三観音の一つ、「舟沢観音」の場所は、小学校裏の非難山のほぼ頂上、十二曲(じゅうにまがり)と呼ばれるつづら折りの坂を徒歩30分登った場所にあります。

CIMG2152.jpg


CIMG2135.jpg

この舟沢観音は、言い伝えや昔話があり、地域の人々に親しまれている場所です。
・頂上にあった岩をくぐると頭が良くなるという話や昔話の【耳切天王】。
どの話も、温かく楽しい話です。

 道々には、きれいな花々が咲いていて迎えてくれました。

頂上に着き見下ろすと、金田一の町が見えました。
街並み


「あそこが、僕のうちだよ。茶色の屋根。」
「あ、電車がいくよ。」
「貨物だ。あれは、金太郎だよ」
と、いろいろと教えてくれました。
本当に楽しい一日でした。

しかし、
今日は、豪雨や雪のため桜が可哀想な一日でした。
花びらが、地面に落ちてしまい、せっかく咲いたのに残念です。
上を見上げると、風や雪にも負けず頑張って咲いている桜がありました。
宮沢賢治の「雨のにも負けず」の詩が頭に浮かんできました。
最近、この詩に曲が付き歌われているので口ずさむ事が多いですね。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

※管理者にだけメッセージにチェックを入れると、コメント非表示・管理者のみの閲覧(非公開状態)になります。公開希望の方は、ご注意ください。

comment

No title

私は、子供のころ、この十二曲がりを登って、山の向こうに住むお爺ちゃん、お婆ちゃんのところに通っていました。農繁期には母親に連れられて兄弟も一緒に泊まりがけで農作業の手伝いをしていたことがあるので、小学校への通学もしました。だから、十二曲がりの道では、岩の穴潜りや、コウモリ獲り、蛇や色々な昆虫に出合ったことなど、多くのことを体験し、そのことが今ではとても懐かしい思い出となっています。
だから、荒れかけていた十二曲がりを整備してくれている「よりゃんせ」の皆さんに感謝しています。

地域の宝ですね。

天候の良い日は、地域の皆さんがおまいりに来てくれる事が多い『舟沢観音』です。
特に小学生はみんなで、わいわい言いながら楽しんで登っています。
 本当にこの『十二曲がり』は、地域の皆さんに親しまれている『地域の宝』だと思いますよね。
プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。