2011-03-28(Mon)

一手間かけて

「どうしても、この水じゃなきゃだめだ!」と、主人が言うから、
ガソリンを満タンに詰めて浄法寺へと出かけました。
こんな世の中にわがままかもしれません。
仕方がないなぁと思いながらも久し振りのドライブで少し嬉しかった。
水はいつも、「天台の湯」近くにある小山田豆腐店で水を汲みます。
働き者のおばあさんが一人でコツコツと手作りで豆腐を作っている店です。

しかし、今日は、背中が痛いと元気がない・・・。
尋ねると「六感神経痛」になったとのこと。
一人でどうしようもなく倒れるように寝ていると、豆腐を買いに来た人が助けてくれ、
近所に知らせてくれたと涙ながらに言い、人の親切や情けに触れ本当にありがたかったと言っていました。
1か月ほど床に臥していたが「このままだと、動けなくなるのでは・・。みんなに恩を返すために」と、
3月から仕事を始めたと、ニッコリと笑いながら言っていました。
話好きのおばあさんは、次から次へとおしゃべりしながらも手を休めずにいて、
テーブルにいろんなものを並べ始めました。
「ところ・おからで作ったパンケーキ・かぼちゃ」
どれも、珍しいもので一つづつ解説をしながら試食させてくれました。
ところ【野老】
ヤマノイモ科の蔓性(つるせい)で、葉はハートの形。
夏には、淡緑色の小花を穂状につける。
根茎にひげ根が多く、これを老人のひげにたとえて野老(やろう)とよぶそうです。
山菜、野草に詳しいおばあさんは、何でも知っています。
便秘に効くそうです。
試食をすると、特有の苦味がありません。
何度も水を取り替え、灰であく抜きをしたと言っていました。
かぼちゃは、細く切り一度蒸してから、お天道様に乾して冷蔵庫に入れたといっていました。
食べると、優しい味がします。とても、きれいでお日様の色をしています。
おからのパンケーキは、小麦粉と余ったごはん、山葡萄の干し葡萄を入れ、
じっくりとストーブで焼き上げたものでした。
食べると、干し葡萄の酸っぱさがアクセントになり、暖かい懐かしい味がしました。
水を汲みに来て、手作り豆腐を買うことができ、おからを貰い珍しいものが食べれるのだから
この上もなく幸せになります。
「おいしい!おいしい!」と云うと、おばあさんは、なんでも工夫が大事で
どうすれば喜んでもらえるか、美味しくなるか、粗末にしないかをいつも考えている」と
話してくれ・・
最後に
「手間を惜しんではいけない」と、とても、大切な事を教えてくれました。


主人は亡きお母さんを思い出しているようで、帰りの車の中では、
いつも思い出話をたくさんします。
小さかったころの思い出を・・・・。

おばあさんの一手間には、愛がたくさん入っているのですね。


保存食
スポンサーサイト
2011-03-24(Thu)

一難さってまた一難

「東京電力福島第一原子力発電所」の原発事故で、風評被害が起き、大変な事になっています。
風評被害とは - 災害、事故、虚偽の報道や根拠のない噂話から始まるのだそうです。

品衛生法上の暫定基準を上回る放射性物質が野菜や牛乳から検出された問題で、
政府が出荷停止をしたこともあり、 ホウレンソウの取扱量は通常の約4分の1に激減し、
安くしても売れなくなったり捨てているそうです。
今の時期、野菜もなく葉物は貴重な栄養源です。
牛乳も、成長期には大切な栄養源です。

これからが大変なときにどうするのでしょうか?
「もったいないおばあさんがくるよ!」などと、子ども達に言っている大人が恥ずかしいですよね。

牛乳

今日は、青森産の牛乳が(200mℓ)お一人様2つ限りでした。




仙台に住んでいる甥っ子の消息がわからなくなって5年になっていました。
その間、探さなかったわけではありません。
警察にも行ってみましたが・・だめでした。
甥っ子は、兄夫婦の4人兄弟の3番目に生まれ、優しく思いやりがある子です。
優しすぎるところが心配でした。
兄夫婦の熟年離婚(まだ、離婚は成立していません)で、母親が居なくなると、
ぷっんと糸が切れたように連絡が途絶えてしまいました。

先日、義姉が若林区の避難所がテレビに映ったときに甥っ子を見たと電話をしてきました。
娘は、インターネットで調べたり、友達に電話をかけまくり、
主人は、甥っ子が勤めていたかと思われる会社に片っ端から電話をかけてくれました。
そして、義姉の願いが叶ったのか、甥っ子の消息がわかりました。
一安心です。
道路状況が良くなったら、会いにいきたいと思います。
2011-03-21(Mon)

地震の影響

毎日のように余震があります。
余震は、震度3以上あることもあります。
最近、感覚が麻痺してきているようで、ちょっとやそっとの地震では
あまり驚かなくなった自分がいて怖いです。
その逆に、いつも揺れているような感じに陥る事もあり、これを「地震酔い」というそうです。
つまり、車酔いの状態ですね。

今日は、久し振りに買い物に行きました。
お別れをする子のプレゼントを買いに行きました。
いつもだったら、インターネットで買い物をしたり、八戸まで行くのですが、
なにせ、流通機関が、ガゾリンがありません。
近くのお店に行き、絵本を買いました。
「会うは別れの始まり」と言いますが、突然の地震の影響で別れることになり、心の整理がまだつきません。
仕事にも影響があり、この先どうなるか計り知れません。

地震の影響・・・・
私以上に影響がある人がたくさんいると思います。
それでも、生きていかなくっちゃ・・・・
生活していかなくっちゃ・・・・・てね。

テレビで、被災した方が言っていた言葉を思い出しました。
「どんな地獄にいても、笑える時だってあるし、おなかがすく事もあるし、ほっとするときもある。
そんなとき、自分は、生きているんだなぁと感じる」と・・・。
人それぞれ、背負っている荷物は違います。
荷物をたくさん背負ってしまうと、肩が壊れる事があります。
笑ったり、ほっとしたりする時は、一瞬でも良いから荷物を肩から下ろしたほうが良いかもしれませんね。
そして、温かいお茶を飲んで、一息入れるのもよいかもしれませんね。


お茶
実は、仙台の若林区に住んでいたと思われる甥っ子の行方がわかりません。
安否がわからずにいるため、家族会議をしました。ショックです。
2011-03-20(Sun)

マスの頭

今日は、日曜日
地震が発生してから、曜日の感覚があまりなく・・・。
「もう、1週間すぎてしまったんだ。」と、複雑な気分。
災害にあまり遭わなかった二戸でも、ガソリンや灯油は手に入らなくなり、朝から長蛇の列となっています。
私も、その列の後ろに並び、1時間後にやっと、1000円分の軽油を買いました。
その間、横は入りをする人、業者に文句を言う人、クラクションを鳴らす人、
人間のモラルを問われる行動になんとかならないのか・・・・と考えてしまうことがありました。
(もし、ここで、救急車がきたり、地震が着たらどうなるのだろう・・・。)

家に帰り、ボーとしていても時間が経つばかりと冷凍庫の掃除をしました。
冷凍庫には、秋に入れて置いた物(かぼちゃ・くり・ピーマン・ブルーベリー)があり、
その間と間に痩せ細ったマス(干からびたますの頭と切り身が2つ)がビニールに包まれて隠れるようにありました。
そして、その奥には酒かすもありました。
これで、かす汁を作ってみました。
息子に風邪を鬱してしまった反省を込めて作りました。

kasuziru
2011-03-16(Wed)

ハレの日ばかりじゃない


「ハレの日」
とは、ふだんの生活を示す「ケ」に対して、
冠婚葬祭や年中行事(お祭り)などが行われる改まった日とされています。

ハレの日になると、普段着とは違った晴れ着を身につけたり、おせち料理などの特別な料理を作って、
神や近所の人々と共に飲食する風習がありました。
(もともと米や酒もハレの日にだけ許された食べ物でした。)
ねこ


「けんちん汁」は、建長寺の修行僧が作っていたため、「建長汁」がなまって「けんちん汁」になったといわれる説があります。
そして、メインになっている豆腐は、江戸初期のころには、まだ特別の日の食べ物で、
農民にとっては非常にぜいたく品だったそうです。
そのため、「ハレの日」の料理の中には「けんちん汁」も入っているといわれていました。
二戸では、小正月(女の正月)に食べる事が多い「けんちん汁」です。
大根、にんじん、ゴボウ、里芋、蒟蒻、豆腐、保存をしていた蕗やわらびを油で炒め、
出汁を加えて煮込み、最後に醤油で味を調えます。

地域によっては、胡麻油で炒めたり、味噌仕立ての場合もあるそうです。

昨日、畑にあった野菜を使い「けんちん汁」を作る事にしました。
残念な事に豆腐は、手に入りませんでしたので冷凍庫の「凍り豆腐」にしました。
肉などは入っていない精進料理ですが、心も身体も温ます。
これからは、ハレの日の料理と考えずに、栄養補給のため節約のための料理として工夫をしていくのも大事だと思います。
けんちん汁の他に煮しめやおでんなどもいいかもしれませんね。
ガスがあることが前提ですが、我が家は幸いな事に薪ストーブがありますのでその上に長時間置いて煮込んでいます。


kenntinn
今日の二戸は、雪景色。
朝の気温は、-5℃
寒い一日でした。
被災した皆様は、それ以上に寒さを感じていることでしょう。
私でも何かできることはないかと探しています。

2011-03-15(Tue)

知恵に感謝

12日、電池を買いに近くのホームセンターに行き、3時間並んでようやく買う事ができた。
しかし、それから、悪夢が続いている。
ようやく買い物を終えた夜に急に熱を出した。
激しい悪寒に襲われ、身動きがとれずにいた。
熱が高いために、二戸病院に電話をかけると看護婦さんが優しく応対に応えてくれた。
「○○さん、災害のため緊急を有す方のみ受け付けております。
お宅に座薬はありますか?水分は取れていますか?
一日我慢できそうですか?」
など等、親身になり語りかけてくれました。
恥ずかしかった。
今は、大変なときなのに・・・・・。

看護婦さんの声に勇気が湧いてきて、夜は水分を取り、買い置きの薬をのむ事にした。
娘や息子が居て、色々と世話をしてくれたので、1日で熱が下がり気分が良くなった。
ラジオに耳を傾けると、ガソリンや食料がなくなってきていると言う。
スタンドでは、制限をしていて、やはり3時間待ちだという。
私の車には、半分ぐらいガソリンが入っているため、我慢はできると思う。
翌日、元気になったので、歩いて、食糧を買いに近くのスーパーに出かけた。
スーパーは,開店から30分しか立っていないのに、がらんとしていてた。
かろうじてあるのは、醤油、マヨネーズ、コーヒー、子どものおやつの煎餅などなど。
野菜も肉も魚もない。(高齢者は困るだろうな・・)
さて、何を買おうかと思い、醤油や洗剤、カップめん、缶詰などを買った。
手荷物は重いので肩に袋を提げて家に向かった。
その日は平気だったが、今日になると、筋肉痛に襲われて肩が動かない。
またも、激痛。
身動きがとれずにいる。
何も今、使うものでもないのに・・・・。
主婦はどうしても「買い置き」と云う言葉に弱い。
どうにでもなるものだから買わなくていいのに・・・・。
周囲に促されてしまった自分が恥ずかしい。
浅はかな事ばかりしている有様や、こんな時に周囲に迷惑ばかりかけている自分に嫌気が差しています。

今は、日本全体が我慢をし、非難者優先に物事を考えなければならないと・・・・。
呼びかけしているのに・・。

一体私は、何をしているのだろう。
余震を気にかけながらも動けずに外を見ると、
雪が解け畑が見えていた。自然に目をやると、キャベツが顔を出していた。
そう言えば、冬の雪の日に主人や母が、畑に穴を掘り野菜を埋めていた事を思い出した。
急いで、そこを掘って見ると、野菜が顔を出した。
所々腐っていたり、汚れていたりしているが中身は立派な野菜です。
生でかじると、甘みがして美味いしみずみずしい。
嬉しかった。
本当にありがたかった。

野菜

母や主人の知恵に頭が下がり、まともに顔が見られなかった。

明日は元気な姿を見せて、みんなの大好きな「けんちん汁」を作ろうと思います。
待っていてね。
2011-03-14(Mon)

地震の影響

今日の夕方は、5月8日に計画している「蓑ヶ坂でリンゴの花を見よう!」
の会議をする予定でしたが、
この地震で会議は延期としました。
15日は、やっと連絡の取れた匠にわらじ作りを教えてもらう予定でした。
期日が迫っていますが、
仲間が集まればなんとかできるのでは・・・という気持ちがあります。
しかし、地震での奥州街道(蓑ヶ坂)がどうなっているか心配です。
余震が続く今は、あまりに危険です。
春を待ち、行動したいと思います。

東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた方に、お見舞いを申し上げます。
2011-03-12(Sat)

電気がついた!!

11日、午後2時46分に三陸沖で発生した大地震。
怖かっただけに、恐怖が襲いパニック状態になりそうだった。
体験したことがない、もの凄く大きな揺れだった。
いまだに、余震が続いています。
服は来たまま、貴重品は手元です。
朝になり、近くのスーパーに行き3時間待ちで電池を買いました。
カシオペアFMを聞き地域の情報を得ています。
本当にありがたいですね。

12日の夜、ようやく電気が復旧してほっとしています。
テレビをつけてみると、八戸市や久慈市、大船渡市など三陸地域は大津波に襲われて、
テレビを見ると目を伏せたくなる現場が見えて大変な被害に見舞われているようです。
そして、福島の原発・・・・・。
何をどうしてよいかわからずにいる人々は、私以上にパニックになっているに違いがない。
私も、きちんとした情報を見極め、自分なりの情報収集をして優先順位を決めたいと思います。
ライフラインにつながるものは、これからのことを考えできるだけ節約をしようと
思います。
2011-03-08(Tue)

はやぶさが見たい!

今、子ども達の間でひそかに、話題になっているのが「はやぶさ」
東北新幹線の「はやぶさ」が5日の日にデビューしたのだが、
二戸には止まらないことがわかった子供たち。
残念でしかたがないようです。

5日の日には、朝の5時に起きて、自分の家の近くのトンネルのそばでずーと待ち構えて
1時間待ちでやっと見てきたと自慢げに云う子がいました。
私も子供たちと一緒に、なにゃーとのシンボルともいえる、
360度のパノラマが楽しめる展望タワーに行って見ましたが、
11時を過ぎていたため見ることができませんでした。
かわりに子ども達に人気の貨物列車「金太郎」をみて、少しですが満足をしてきました。

駅
「春休みになったら、絶対みてやる!!」と、
悔しそうにしていた顔が忘れられませんね。
2011-03-06(Sun)

金田一芸能のつどい

今年も参加しました「金田一芸能のつどい」

かみしばい
題目は「馬のおせりと煮売屋」

今年こそ新しい紙芝居を作らなくては・・・。
絵を書く人募集中です。
2011-03-05(Sat)

匠を探して

よりゃんせ金田一では、わらじ作りを極めようと匠を探しています。
市役所の商工観光課に問い合わせをした所、舌崎にいるとのことで、訪ねて参りました。
案内され、煙草小屋に入ると・・・
そこには、たくさんのわら細工がありました。


匠

タバコの葉を束ねるために使用した紐をリサイクルし編んだものは、カラフルで優しい色でした。
毎年の干支作りは、工夫を積み重ねてできたものらしく躍動感溢れるものでした。

waragutu
eto
eto
ご指導をしていただこうとお願いをしています。
2011-03-03(Thu)

ひな祭りのお菓子

今日は、ひなまつりです。
桃の節句で女子の祭りです。
ひな人形をかざり、菱餅・白酒・桃の花などをそなえる年中行事です。

おひなさまにお供えをするために、お菓子を買いに行きました。
桜餅です。

okasi


金田一では、桜餅を作っているお菓子屋が2件あります。
藤万商店とカネタ商店です。
藤万商店の桜餅は、あんこを薄皮で巻いたものです。
江戸風・長命寺桜餅というのだそうです。

カネタ商店の桜餅は、もち米を荒くした道明寺粉であんを包んだ、上方風・道明寺桜餅です。
私は、小さいころは長命寺桜餅がすきでしたが、今は、道明寺桜餅がすきです。
カネタ商店で、「ざしきわらし」というお菓子を見つけました。
このお菓子も、一緒にお供えしましたよ。


ざしきわらし

食事は、のりまきにしました。
osusi
2011-03-01(Tue)

座敷わらし

kamemaro
ゆの香市の帰りに「亀麿神社」に参拝に行って参りました。
緑風荘の焼け跡は、ひっそりとしていましたが、亀麿神社には参拝の人が訪れる事が多く
歩きやすいように新しい外灯を設置していました。
私が撮る写真には、まだ、オーブが写ったことがありませんが、
(私の日頃の行いが悪いからでしょうか)
この地で撮るとオーブが映っているときがあるそうです。
オーブは、霊光なのだそうです。

亀麿神社の(緑風荘)座敷わらしの歴史は遠く650年前までさかのぼるそうです。
五日市家の先祖は万里小路(までのこうじ)藤原藤房といい、後醍醐天皇に仕えた公家だった。
南北朝の乱で足利尊氏に破れたために(後醍醐天皇と仲たがいをしたという説もある)、
この地まで落ちのびてきた。
藤房には幼い息子が2人いた。
長男の亀麿はここ金田一で病を得て、わずか6歳で世を去り、
死の床で「末代まで家を守り続ける」と言い息を引き取った。
その亀麿の霊が奥座敷「槐の間」に棲みつき『家の守り神』となり、
時々客人に姿を見せたりいたずらをするようになったと言い伝えられています。
その、亀麿を祭ったのが「亀麿神社」だそうです。
座敷わらしに出会えると驚くほどの幸運に恵まれ男は出世し、
女は玉の輿にのると一般的に言われていました。
福の神とされている座敷わらしですが、座敷わらしの伝説が残っている地域は、
古くからたびたび凶作に苦しめられてきた東北地方にほぼ限定されているのはなぜでしょうか?
「座敷わらしの中には、亡くなったのではなく間引かれた(=殺された)赤子も少なからずいたのではないか」といわれ、
江戸時代最大の飢饉(ききん)と言われた天明の大飢饉の際には、
東北地方で数十万人規模の間引きが行なわれたことが史実に残っていわれています。
三浦哲郎著のの「ユタと不思議な仲間たち」に登場する座敷わらしは、
江戸時代の飢饉のさなかに生まれてすぐに間引かれたと設定されています。
凡人の私には、わからないのですが、この世に生きたかった気持ちの強さなのでしょうか?




isi

この神社のそばに面白い石がありました。
オーブのような模様の石です。

この石はなんなのか、後で聞いて見たいですね。
プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: