2010-01-29(Fri)

小正月の後に・・・

みずき




小正月に作った「水木飾り」を片付けることになり、枝についてある「もち」をきれいにとりました。
これを油で揚げて「あられ」にしました。
それを、さとうしょうゆをからめて出来上がり!!
子供たちは、珍しいのかあっという間に食べてしまいました。
そして、一言、
arare
いろんなものが食べれるんだね?」と感動していました。


水木飾りを作ったときに、餅をついて、もちの切れはしを枝にくっつけたことをすっかり忘れているようでした。




もう一つ「まめしとぎ」を作りました。
「まめしとぎ」は、青まめや黒豆を煮て、ミキサーで砕きます。
この時に、形が残っているほうが良いので荒刻みをします。
砂糖と塩を入れて味を調え、米の粉をお湯で溶きもちのようにしたものに、混ぜ合わせていきます。
最後に形を整えますが、今日は子供達と一緒に型抜きをしました
クッキーのようにウサギやくまの形にして見ました。
なんとなく、おいしそうに見えてきました。
まめしとぎが嫌いな子も、かわいらしさにつられて食べていましたよ!
sitogi





スポンサーサイト
2010-01-27(Wed)

パングラタン

ぱん




「ふっくらまんまぱん」でパングラタンを作ってみました。
このパンは、一野辺パンさんが、金田一営農組合で生産した「小麦と米」を使い、作ったオリジナルのパンです。
米粉を使っているパンより、ご飯が入っているためふっくらとしています。
良く見ると、米の形(ご飯)が見えます。
グラタンは、ボリュウムがあり、パンのこげている所がサクサクして、とてもおいしかったです。

guratann



最近は、地産地消「安心・安全」でおいしいものも増えましたね。


2010-01-25(Mon)

きた~!!

1月24日アイーナ
  「きらり★フェスタ」の様子です。
hennsinn
アイーナ
tizi
zouri


 たくさんのゲストに少し興奮気味のよりゃんせのメンバーでした。
よりゃんせのお店・紙芝居やわらぞうり講習会などに、たくさんの人が来てくれました。
本当にありがとうございます。

よりゃんせ金田一を盛岡の皆さんに知ってもらう機会を設けてもらい、本当に感謝しております。
帰りの電車の中では、反省会や今後の計画に話が咲きました。
春が待ちどうしいですね!!
2010-01-21(Thu)

足跡

大寒は、いつも寒いのに今年は雨が降りました。
まるで、雪解けの3月のようで気温も普段よりも高く感じます。
道路は、雪が溶けびしゃびしゃになり、運転がしずらいです。
回覧板を届けに、歩いてみました。

船越山の12曲がり入り口は、寂しそう。
何のあし跡でしょう?
ゆき




12曲がりに向かっています。
大きい足跡はカモシカでしょうか?
これは、うさぎのようです。
asiato

動物達もこの気温差に驚いている事でしょうね。

2010-01-18(Mon)

きみ皮ぞうり

zouri



よりゃんせ金田一の商品の中に、「ぞうり」があります。
その、ぞうりの種類は、「きみ皮、わら、布」です。
今回、「もりおか★きらリフェスタ」には、きみ皮のものを中心に出品します。
このきみ皮は、とうもろこしも皮です。
夏に収穫したとうもろこしの皮を、煮て、日干しをしてアイロンをかけておきます。
かびないように乾かすのは一苦労です。
それを、わらの様に布の紐のように、編み込んでいくのです。
とうもろこしも皮は、1枚1枚長さが違うので、つなぐ時は苦労ですが、味わいも良く履き心地もよいのです。
素足にフイットすると評判がよいのです。


金田一のおばあちゃんに5足あんでもらいました。
おばあちゃんの温かい笑顔が浮かんでくるようなぞうりですよ。
1度手に取って見てください。

2010-01-17(Sun)

もちつき

小正月第二弾。「もちつき」
子供達が、餅つきをしたいというので知人から杵と臼を借りてきました。
いざ、出陣!
その前日にすることは、もち米です。
マスがないので、カップで量りました。
えーと、「1升とは何カップでしょう?」
なんて、クイズを出してみたりして・・・。
もち米は、3升です。
それを洗い、水に下しておきました。
ざるに揚げて蒸し器で蒸します。
蒸すのは、だいたい45分から60分。

うーん。おいしい匂いがしてきました。
もち米が蒸しあがったら、臼へを運びます。
初めての杵は重く、やっと、持ち上げました。
みんなで、代わりばんこについて楽しんでいるうちにおもちが出来上がりました。

 子供達の人気は、さとうしょうゆのおもちです。
次は、きなこ。
やはり、ここでもあんこは3番目でした。




2010-01-15(Fri)

赤飯

今日は、小正月です。
二戸の、小正月には、「けんちん汁と赤飯」がつき物です。

赤飯は、あまり好きではない事を理由に、今まで、作った事がなく、
あんこが嫌いの子が多く、赤飯は、遠のいていくばかりでした。
「母の作ったものに勝るものなし」と言いながら、何もしなかった私が一年発起して、赤飯つくってみました。

 

もち米ばかりより、白米が入ったほうが食べやすいのでレシピを見つけて作ってみました。
今は、古代米が入っている赤飯もあるそうです。

▼赤飯 レシピ  ( 材料4~6人分 )
もち米 …… 2合
米 …… 2合
小豆 …… 4分の1袋
塩 …… 大さじ2分の1

(1) 同量のもち米とお米を合わせて洗い、ザルにうちあげておく。
小豆は鍋に入れて、小豆の量の3倍の水で軽く煮る。
※小豆は煮ると、濃い色がでるので、それを一度すてて
もう一度水を入れなおし、再び軽く煮ておきます。
この煮汁を使いますので、再び色がでてきたら火を止め
煮汁と豆を分けておきます。

(2) 炊飯器にザルに上げておいたもち米&お米を入れ、その中に
小豆の煮汁を入れます。それだけでは水が足りないので
不足分の水を足して、塩を加え、豆も加えて軽くまぜ、
スイッチオンで炊ければ出来上がりです。

 小豆 には、じつは色んな栄養成分があり、ビタミンはもちろん、カルシウム、リン、鉄、食物繊維 などが豊富です。
いろんな効果もあり、たとえば、風邪を引いたときなら、咳をしずめたり、
痰をとる効果があったり、二日酔いや便秘 などにもいいそうです。

1升の赤飯が、見る見るうちに無くなってしまいましたよ。
今の子達は「食べず嫌い」なのかもしれませんね。


azuki

2010-01-13(Wed)

二戸エコツーリズム研修会


二戸の地域づくりは、「宝」をテーマにしています。
宝を発掘し、磨き、それを生かした地域づくりをしています。
二戸地区には、いろいろな「宝」があります。
それは、何気ないものですが、とても大事なもので愛しいものです。
今日は、その【宝」をどうやって発信するかという「二戸エコツーリズム研修会」に行ってきました。
よりゃんせでは、4名の出席です。
会場は、雪が降ったにもかかわらずたくさんの人が来ていました。
みなさん、地域づくりに関心があるのでしょう・・・。
真剣や写真をメモを取ったりしていました。
私は、パネルデスカッションを見ることができずに帰ってきましましたが、会長は参加してきましたので、後で感想を聞きたいと思います。
講演では真板先生が、二戸を熱く語り、いろいろなアイデアを発表してくださいました。
まさしく、「目からうろこ」でした。
真板先生から、エネルギーを頂いた日でした。
2010-01-08(Fri)

イベント

みんなのいわてフェスタ
↑画像をクリックすると、大きくなります。

今日は、暖かな一日でした。
1月とは思えない天候で、少々、温暖化が気にかかります。
1月24日、「みんなのいわて、きらり★フェスタ」に、参加する事になっています。
この日も、たくさんのお客さんが来てくれる様に、是非、晴れて欲しいものです。

2010-01-04(Mon)

ご無沙汰しました。

ごぶさたしました。
何はさておき「あけましておめでとうございます。今年も、よりゃんせ金田一をよろしくおねがいいたします。」
ブログを忘れたわけではありませんが・・・。
仕事の毎日で、少し小さなうつ状態になっていまい、何をするにも嫌悪感がつきまとう日々です。

なんとかしなくっちゃ・・・と、
自分への活力を与えるべき、小さなご褒美を買ってきました。
南部美人「梅酒」です。
酒に溺れるわけでは有りません。
前から欲しかったので、お正月だし・・・買ってみました。
味は?と冷蔵庫を覗いたら、なんとなんと、半分になっていました。
どうやら、我が家には、大きな鼠がいるようです。



ume


プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: