2008-11-25(Tue)

冬の楽しみ「ぞうり講習会」

ぞうり講習会を、12月の4日に開催することにし募集をしましたが、なかなか人が集まりません。
今の所、6名
「少ないほうがこじんまりとしていいし、ゆっくりと集中でき編めそうね」と、
講習会に参加する人の声が聞こえてきました。
 なるほど・・・・。
主催者と受講者では、考えが違うのが当たり前ですね。
布ぞうり作りは、流行していろいろな雑誌に取り上げられ、いろんな編み方や素材が発表されました。
いろいろなところで、ぞうりを見ることがあります。
 よりゃんせ金田一では、この地方で昔から伝えられている「きみからぞうり」「わらぞうり」そして、流行の「ぬのぞうり」を製作しています。
よりゃんせ流の編み方も、捨てたものではありませんよ。
それぞれ味わいがあり、履いてもよし飾ってもよしの1品です。
私達の目的は、<地域の埋もれている文化を伝えること.>ですから、講習会にこだわらなくっても良いのかも知れないと皆と話し合い、来年は、<藍染とぞうり>に取り組むことにしました。
使い古したシーツを藍色に染めてぞうり作りをしてみたいと思っています。

自分で作ったものは、世界で1つしかないものです。
コタツに入って、ほのぼ~のと、手を動かし1つのものに挑戦することも、冬ならではの楽しみだと思いますよ。


スポンサーサイト
2008-11-20(Thu)

皮むき機

雪が降り、肌寒い一日。
2,3日は、こんな天気が続くといいます。
大騒ぎで、タイヤ交換をしてもらいました。
そんな中、我が家に届いた<皮むき機>

よく注意書きを見ると、皮むき出来ないものの中に<柿>の名前がついていました。
これは、むりかも・・・・。
と半信半疑で柿を刺し、ハンドルを回しました。

kakimuki.jpg


クルクルと音がして、皮がむけました。
柿の上の部分が残るだけで後はきれいにむけましたよ。

やった~。
はかどりますねぇ。

2008-11-18(Tue)

おはよがんす!

朝起きてみると、
「おはよがんす」
「きょうぁ、さむいねぇ~」
「1番だじゃ~」
「なんもかも、しみでぇ~」
「はだけ、きれいにかだづけでよがったなっす!」
こんな、会話が聞こえてきました。

これから毎日、一番という声が聞こえそうです.
そして、今日の天気予報は雨からになりそうと言っています。
明日の朝は、いったいどうなっているでしょうか?
そろそろ、タイヤ交換をする時期になりそうですね!

yuki.jpg


2008-11-14(Fri)

秋が終わりになる頃の柿は、より鮮やかな深いオレンジ色になります。
そして、我が家の台所は、たくさんの柿で溢れています。

柿は、<干し柿、つけ柿、アルコールで渋取りする柿>3つの籠にわかれてあります。

干し柿は、皮をむくのが大変!。
今年は、皮むき機を買うことにしました。
皮むき機は、高価なものが多く、手ごろなものを探すのに一苦労でした。
(2,3日には、届くので感想は後ほどに・・・・。)
皮をむいたものは、1mほどの串に一つ一つ丁寧に刺して、軒に吊るします。
食べごろは、お正月頃かもしれませんね。
去年は、カラスに食べられてしまい大騒ぎでした。
 次は、焼酎をヘタの周りにつけて空気が入らないように密閉しておく渋取りです。
これは、綺麗な柿が良いようで、綺麗に並べられてビニール袋に収まっています。
2週間したら食べられそうですよ!
最後が、浸け柿
塩の入ったお湯に柿を入れて、渋を抜くのですが、柔らかくなるので注意が必要です。
あんまりいっぱい作ると、食べる前に腐ってしまいそうになります。

 実は、この作業を遅くまでやっているのが、我が家の主人です。
「私、食べる人、あなた作る人。」では、ないけれど・・・。
こういう作業は、男の人の方がいいのではないかと思えるほど上手です。

kaki.jpg



2008-11-12(Wed)

うまいもん

先日のにのへ健康フェスティバルで販売していた「ベビーリーフ」。

babyleafe.jpg

夢実堂で作られているもので、その名のごとくベビーリーフは、発芽後10-30日程度の若い葉菜です。
原料は、<ミズナ、ルッコラ、ターサイ、レットマスタード、レットロメイン、レットオーク>という野菜の新芽が入っています。
彩りや味の異なるものが入ってるので、1つ1つの味や葉の形を見ながら確かめて食べても面白いと思います。

子供達は、食べるのが初めてで、「これは何?」と訪ねられました。
この「ベビーリーフ」に、トマトのざく切りを加え、ドレッシングをかけました。
ドレッシングは、子供の好みの味のグレープフルーツ味にしてみました。
子供達は、「おいしい、おいしい」といいながらおかわりをしていました。
子供達の、「自然の味だね~」といった一言が、印象的でした。
2008-11-10(Mon)

11月定例会

11月10日に行ないました定例会。
金田一年中行事カレンダーの構成もだいたい決まり、今日は、印刷会社さんとの話し合いをしました。
予算は、カシオペア助成金からの15万。
わがままの私達は、言いたい放題で、さぞかし印刷やさんも困惑したでしょう。
文化祭のときに問い合わせが多かったぞうり作りは、急きょ、12月の4日(木)にぞうり講習会をすることにしました。


2008-11-10(Mon)

秋じまい

今日は、天候が良いので子供達と一緒に<秋じまい>をしました。
最初に、キュウリーフルーツとり。
バケツで三杯もあり、びっくり~。

yakiimo.jpg


そして、以前から約束していた焼き芋作り。
落ち葉やマメカラを集めて火を熾しました。
焼き芋は焼けるまで時間がかかり、何度も、芋を覗いている子がいました。
焚き火でやる焼き芋は、皆初めてでおおはしゃぎでしたよ。
3時のおやつに、おなかいっぱい食べました。

最後に、皆で大根堀り。
一生懸命引っ張りすぎて、しりもちをする子もいましたよ。
大喜びで持って帰りました。
楽しい<秋じまい>でした。
2008-11-09(Sun)

ありがたきかな、にのへ健康フェスティバル

朝の私は、憂鬱でした。
訳は、知り合いの気にかかる夢を見たり、今日は健康フェスティバルに行こうか、金田一りんご祭りに行こうか・・・と悩んでいたからです。
(できれば、違う日程にしてもらいたかったです。)
やはり、約束していた健康フェスティバルにしよう!と出発しました。

サークル仲間と久し振りに会い、話が盛り上がり楽しい日でした。
(こういう、なりげない話が、ストレスを解消するのですよ。)
もちろん、健康チェックもし、改めて、食の大切さや運動の大切さを考えました。
会場には、おいしくて珍しい食べ物がたくさんあり、ついつい食欲に負けてしまいいろいろと食べてしまいました。(言っていることとやっていることが違うよね)


そして、大好きな<ほほえみ作業所>のパンや、さんのまるのうどんを買っていると、思いもかけない人に会いました。
なんと、
夢で見た知り合いにあったのです。
まるで、正夢のようで、思わず、神様に感謝をしました。
そう思ったのもつかの間、逆に、神様は居るのか・・・。と疑る気持ちになってしまいました。
彼女は、検診を欠かしたことがなく、健康にうるさい人でしたが検診に引っかかってしまい<癌>の診断を受けてしまったそうです。
3ヶ月間入院をしていたとのこと。
あらためて、検診の大切さを確認しました。
明るい人ですから、元気にボランテァをしていましたが、こういう時の私は、なんて声を掛けたらいいんだろう・・・。と必死に考えていました。
それを見抜いたように彼女は、「大丈夫だよ」と肩を叩き言ってくれました。
(今は、本人に告知をするのですね。)
いろいろなことがあった一日でしたが、なにはともあれ、明日からは、頂いたDVDの健康体操を子供達とやり、少しでも、健康に気をつけようと思っています。
そして、懐かしい友とたくさん語り合いたいですね!
ありがたきかな、にのへ健康フェスティバル!!

kenfes.jpg



2008-11-07(Fri)

立冬

暦の上では、もう、秋が終わり、「いよいよ冬になりますよう!]という立冬
雨が降るたびに冬が近づいてくるようです。
今日の天候は、不安定で雨が降ったりやんだりしています。
男神、女神に山登りに行った、よりゃんせの4人組みはどうしたでしょうか?
少し、心配になってきました。
畑では、大根や白菜、キャベツが丸々と育っています。
そろそろ、<秋じまい>をしなければ・・・・。
明日天候が良ければ、子供達と一緒に、大根ほりをしましょう!
そして、お昼ごはんは、大根たっぷりのおでんにしましょう!
2008-11-05(Wed)

晩秋

晩秋の午前中は、少し晴れ間も見えて、外に出て遊ぼうかなと思うのですが、冷たい風は、肌を突き刺すようで身にしみてきます。
今日はとてもよい天気なので、秋を探しに散歩に出かけると、小学校の1年生達も秋を探しに走り回っていました。

ふと、校庭の柳の木を見るとどこか寂しげです。
葉っぱが落ちているばかりでなく、先を見るとあちらこちらの枝が切れてありました。
金田一小学校の柳の木は、金田一小学校はもちろん、金田一のシンボルで
「金田一の宝」ともいえる木です。
老木なうえに雷に打たれたこともあり、傷みが激しくなっているようです。
5年に1度くらいは、樹木医さんに手当てをしてもらっているようですが、回復してくれるといいですね。
小道を歩いていると、いろんな落ち葉が落ちていました。
子供達は、特にイチョウの葉が気に入ったのか、たくさん集めていました。

めずらしい、マメ柿も拾いましたよ。
これは、たべられるのでしょうか?

kaki.jpg

2008-11-04(Tue)

文化祭最終日

文化祭3日目。
よりゃんせ金田一では、ぞうり講習会の希望が多かったため、今日も行なうことにしました。
それに加えて、子供達向けにゆび編みの講習会も行いました。

よりゃんせの会場に来てくださった人数は、251人でした。
講習会の人数は、1日目は、9人、3日目は2人、ゆび編み7人でした。

男女別では、女性が、168人、男性が83人です。
男の人は、女性の半分です。
男の人は、奥さんの運転手としてついてきた人や、ちらりと見ただけの人、中には少し興味がありそうな人も居ましたがやってみようという人は居ませんでした。
興味や好奇心は、断然、女の人の方が多いようです。
80歳になっても、針と糸を持ち手芸をしているという人が居て、ぼけないために頑張って公民館まで歩いてきていると言っていました。
そして、
「第2の人生、楽しく生きなきゃ・・・」と笑う顔が素敵に見えました。
素晴らしい女性にあえて、3日間の疲れも吹っ飛んでしまいました。

bunkasai2.jpg



2008-11-02(Sun)

文化祭2日目

今日の、文化祭のよりゃんせ金田一の催しは<二戸狐ばなし>の語りと紙芝居でした。
午前の部は、10時から行いました。

bunaksai3.jpg


雨降りのためお客様が少なく10名ほどでしたが、間じかに見る大型紙芝居に大喜びしている子もいて、みなさん楽しんで帰っていきました。
一雨ごとに秋が深まり、寒さも増してきましたが、<芸術の秋>地域の皆さんの力作が見られるのも明日限りとなりました。
私も、浄法寺まで車を走らせて、いろいろなところの文化祭を回ってみました。
各公民館ごとに、特色があり見ごたえがありましたよ。
2008-11-01(Sat)

文化祭

二戸市のあちらこちらの公民館で、文化祭が開かれています。
地域住民のみなさんの作品が展示され、公民館も華やいでいます。

私達<よりゃんせ金田一>でも金田一コミュニティセンター(アツマランカ)の1室を借りて3日間作品を展示しています。
もちろん、ぞうり・大型紙芝居、子供達が描いた金田一の風景も展示しています。

今日、1日は、草履講習会の日でした。
わらよりは、ビニールの方が簡単で手になじみやすいので、今日の講習会はビニール紐を使うことにしました。
見学者が多く来て、「やってみませんか?」と声を掛けると、座ってぞうりを作る人もいました。
こどもたちも、5人ほど参加してくれました。

bunkasai.jpg


小学1年生でも、コツを掴むと面白いといいながら編んで、1時間もかからずに片方のぞうりができました。
ぞうりを履くことに慣れていない子もいて、足の親指を開くことができずにいましが、
やっと、履く事ができ嬉しそうにはしゃぎまわっていました。
プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: