--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-31(Fri)

金田一ぶらり散歩をしました。

 天候が心配でしたが、丁度良く金田一晴れになり、ユニバーサル交流ツアーの方々も私達も一安心で、
<金田一ぶらり散歩>
に出かけました。
案内人は、小さな城跡探検隊の方です。

行き先(順路)は、相馬大作演武場跡→四戸城跡(べこ石)→藤原煎餅店です。

小さな散歩をあちらこちらに入れて、散策をしながら金田一の町の風景や城跡の説明をし、狐の棲家だったといわれる場所、ととめき追分石・曲坂を説明していました。

kanko.jpg

bekoisi.jpg


行く先々の草刈をしてくださったのが、町内の金田一定年会議所の皆さんです。
本当に、地域の皆さんに支えてもらった企画でした。

そして、最後に、藤原煎餅店です。

hujisen3.jpg

皆さんが、一生懸命煎餅を焼く姿に感動し、楽しんで見ていました。
中には、やってみたいという人もいましたが、時間がなくって残念でした。
焼きたての煎餅をおいしそうに次々と食べて満足し、お土産もたくさん買っていました。

達金田一に住んでいるものにとってはありきたりな風景ですが、こんなに感動してもらえると、この企画をして良かったなぁと思いました。
来年は、この<金田一ぶらり散歩>を少し大きいものにして、二戸の皆さんにも呼びかけてみたいですね。
スポンサーサイト
2008-10-30(Thu)

ホテルデビュー


「よりゃんせ金田一一座」が、まべち苑にて紙芝居と語りをしてきました。

1030kamisibai.jpg


ホテルで演じるのは、初めてで胸が高鳴りました。
ホテルのお客様たちは、いわてNPOグリーンツーリズムのユニバーサル交流モニターツアーの方々です。
久し振りの舞台で、しかも、こういう場所が初めてで、緊張してしまいましたが、やはり、年の功でしょうか、語り手の小松さんは、任しとけと言わんばかりにみんなの心をつかんで語っていました。
お酒の席ですから、お客さんたちが酔っ払って、勢い余って声を掛けてきたりしましたが、いつもより、お客さんが身近に感じてそれはそれで面白かったと思いました。
何はともあれ無事に終わりました。

1030kamisibai2.jpg


これからも、いろいろな場所に行き、紙芝居や語りの発表をし、この温かな素朴な地・金田一を皆様に広めて行きたいと思います。
2008-10-30(Thu)

「かでで」

子供達が喧嘩をしていました。
わけを聞くと、○○君がかででくれないといっているようです。
『かでで』とは、「入れて、加えて」という意味ですが、子供達の多くは『かでで』と言った方が伝わりやすいようです。

  「ぶらり散歩」の打ち合わせで、ホテルまべち苑に行きました。
丁度、東北のフジテレビ系列で放送される「情熱エンジン」の取材をしていました。
半年かけて、穀彩王国ミレットフェア実行委員会の活動をドキュメントで追いかけていることなど全く知らず、おいしいものに目がない私は、『かでで』と言ったかのようについつい参加してしまいました。
来年1月の放送になるようです。
 南部美人の久慈さんたちが、食材1つ1つを吟味して、二戸の1品料理を作り上げていく様子が見られますよ。

2008-10-27(Mon)

さるなしの実

朝晩、寒くなり布団から出るのが億劫になってきました。
外では、紅葉した葉っぱが、落ちてきています。
子供達は元気で、外を駆け回っています。
寒いと感じるのは大人だけのようですね。

子供達は、遊んでいたかと思うと、庭にある『さるなし』の実が甘くなっていることを知り、こっそりと食べていました。
「手で触ると、柔らかいのが食べごろなんだよ!」と昨年食べたことを思い出して、おいしい実を捜していました。

sarunasi.jpg


「さるなし」はこの辺では、「こっか」という愛称で呼ばれています。
この『サルナシ』は、猿や熊が夢中で食べることから、この名前がついたそうです。子供達も、おいしい実を捜そうと一生懸命でした。

2008-10-26(Sun)

金田一ぶらり散歩

ユニバーサル交流とは、誰でもが楽しめるようなことで、大人から子供、高齢者や障害がある人も楽しめるようなものだそうです。
金田一の企画といわれ、この地には、昔からの手作りのお店があるような気がして、この『金田一ぶらり散歩』の企画を進めましたが、やはり、短期間ではうまくいきませんでした。
でも、一軒だけ承諾してくれたお店がありました。
それを生かして、町内の宝をみながら散歩し、そのお店を拝見することにしてみました。
その、快く承諾してくださったお店が、『藤原せんべい』です。

hujisen.jpg

hujisen2.jpg


この日も、2人で一生懸命せんべいを作っていました。
この姿を皆さんに、見てもらうことになりとても嬉しく思っています。

本当に小さな<金田一ぶらり散歩>ですが、みなさんに楽しんでもらい金田一の町を見てもらうことの1歩にしたいと思います。

(今回の反省)
お菓子屋さんのぶらり散歩にしてみましたが、作っているところを見たいという希望がかなえられませんでした。
その理由は、工房が、何年もたち汚れているし、狭いということです。
最初は、店を見るだけでも良かったなぁと思ったり、おかしやさんだけでなく,畳屋さんや豆腐屋さん、焼きふ屋さん、なども良かったのでは・・・と思いました。
これは、来年、皆で考える問題ですね。
2008-10-24(Fri)

突然の依頼

 いわてグリーン、ツーリズムサポートセンターのユニーバーサル交流モニターツアーの金田一コースを依頼されました。
地域ならではの特色あるもの、郷土芸能や料理や、地域のライフスタイルが分かり探索できるものが良いとのことで、いささか手前味噌になりますが、いままで、やってる活動を少し膨らましたものをコースとして提案しました。
もちろん、二戸狐ばなしも、ホテルの中で披露するのですが、演出を期待されているので、いろいろと工夫をしなければなりません。
みんなで、知恵を出し合い進めています。

 金田一のコースは、<金田一ぶらり散歩>と題して、このブログの<金田一のうまいもん>で紹介している店を回ったら楽しいかもしれないと店へ行き交渉しました。
しかし、なかなかうまくいがず、力のなさを知り、しょげ込んでいます。

なせばなる、なさねばならぬ何事も・・・・。
 あたって、くだけろ!!の精神ですね。
2008-10-21(Tue)

10月定例会

今回の定例会の話し合いは、2つの事について話し合いました。

1、年中行事カレンダー
2、文化祭

年中行事カレンダーは、ほぼ構成が出来上がり、後は印刷会社との話し合いになります。
ようやく、一息いれられますが、カシオペアの中間発表が待っています。
もう一息、がんばりましょう!!
11月1,2,3日は、二戸市の文化祭です。
金田一コミュニティセンターの会議室を借りて、よりゃんせ金田一も展示をすることとなりました。

★11月1日(土)
  10時から15時まで(講習料無料)
あなたも、わら草履を作ってみませんか!

★11月2日(日)
   10時と14時開演
大型紙芝居と語り
懐かしい金田一弁で語ります。

★11月3日(月)
年中行事表紙絵投票審査会
10時から15時


  もりだくさんの文化祭してみました。ぜひ、覗いてみてください。
2008-10-19(Sun)

ハムスター

hamu.jpg


ホームセンターで買い物をしていたら、ハムスターを見かけました。
依然、子供が小学校の頃に飼育していたことを思い出してしまい、懐かしくって
ついつい,買ってしまいました。

近頃は、小動物を買う時に、名前を書かなければならないようで、きちんと飼育しますと誓うように、記入してきました。
子供達一人一人に、見せてあげ触らせると、『あたたかいね!』と、一言。
優しく、やさしく労わる様に撫でていました。
みんなで、大事に育てましょうね!
2008-10-18(Sat)

秋葉児童公園

ここのところ、とてもよい天候が続いています。
秋真っ盛りの中、子供達と一緒に散歩に出かけました。
ここは、秋葉児童公園です。
近くには、金田一中学校や長寿寺があります。

kouen.jpg


近頃の子供達は、公園であまり遊ばなくなりましたが、こういう場所があると、
心が和みますね。
子供達は、元気に、すべり台やブランコに乗り遊びました。
公園といえば、子供達が遊ぶ所と思う人もいるでしょうが、犬のドックランができたり、高齢者や、中高年の軽い運動ができる公園にしたら、公園がもっとみんなの憩いの場になるのにと思うのでが・・・。
みんなが公園で楽しくしていたら、毎日起きる殺伐とした事件などは、起きない様な気がしてきますね。


2008-10-17(Fri)

秋深し・・・。

秋晴れの続く日々です。
静かに、静かに、秋が深まっています。

金田一の秋 み~いつけた。


yama.jpg

susuki.jpg

tanbo.jpg



2008-10-11(Sat)

絶対 うまいもん!

金田一には、とてもうまいせんべいがあります。
「藤原せんべい」です。

senbei.jpg


このせんべいは、南部せんべいといい小麦粉を原料にしたせんべいです。
ごまが、たくさん入っています。
南部せんべいといえば八戸が有名ですが、金田一の『藤原せんべい』もなかなか引けをとりません。
ちょっとした塩加減、ぱりぱりとした食感に誘われて、あっという間に一袋食べてしまいそうになります。
その、『藤原せんべい』を焼いているのが、85歳と82歳の夫婦です
手焼きで、窯の燃料は炭を使用しているそうです。
以前、ガス屋さんに燃料をガスにしたらといわれたそうですが、炭にこだわり、時代遅れと言われても炭焼きを守り通したそうです。
この味独特のものは、こうした手作りのこだわりから生まれてきたのでしょうね。
夫婦2人で、一生懸命に焼くものだから手も、顔も、小麦粉で真っ白になっているのです。
でも、その姿がやけに美しく見えて感動してしまうのです。
しかし、
この日は、せんべいを買いにいってみると、残念なことに焼いていませんでした。
最近は、疲れるので週に3日焼ければよいと言っていました。
「皆さんが買いに来て、焼き立てがないと、惜しんで帰っていく姿が忍びない」と寂しそうに言っていました。
でも、「あまり慾を持たずに、細く長く、皆さんにいつまでも食べてもらえるように身体に気をつけて焼いていきたい!」といった言葉が、本当に心に残りました。
伝統の味、懐かしい味を何時までも失くさないように、長生きをしてくださいね。
2008-10-10(Fri)

食用菊2

知人に、食用菊をもらいました。

sokukiku.jpg


色が紫色で普通の菊みたいです。
我が家には、黄色の食用菊「阿坊宮」しかないので、食べられるか半信半疑です。

この菊の名は、『もってのほか』というのだそうです。
正式には「延命楽(えんめいらく)」という名の品種だそうですが、「もってのほか」「もって菊」という愛称で広く知られ、この名前の由来は、「天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほか」だとか、「もってのほか(思っていたよりもずっと)おいしい」といったことだとかいわれています。
一口食べてみると、黄色の菊より味は、大味なようです。
花びらは筒状になっているため、茹でても形が崩れないようです。
茹でると紫色が少し白くなるのですが、お酢を入れると元の色より鮮やかな綺麗な紫色になりました。
特有な味がするので、子供達には嫌いな子がいますが、この紫色に誘われて食べてみるといった子がたくさんいましたよ。
2008-10-06(Mon)

カメムシ 撃沈!

この時期になると、決まってどこからともなく<カメムシ>がやってきます。
それも、窓を開けてもいないのに入っていたり、洗濯物にひっついていたり・・。
このあたりでは、かめむしを<へっぴりむし>といいます。
皆に親しまれているのではなく、怖がられているのです。
 恐怖!!その名の如く、臭い!
あの独特な匂い。
鼻が曲がりそう!

この匂いが一度付くと、何度洗っても臭さが残り、一日不快です。
この蟲を好きな人がいるのでしょうか?

ホームサンターで、かめむし用の殺虫剤を買いました。
名前は、その名も<カメムシコロリ>
早速、カメムシ目掛けて「シュー」と一振り!!。

一発で射止めました。
ウーン。死んだようです。
これは、優れものですね。
2008-10-05(Sun)

紅葉はじまる。

紅葉といえば、この歌を思い出します。
真っ赤だな、真っ赤だな、烏瓜って真っ赤だな、もみじの葉っぱも真っ赤だな。
それから、
秋の夕日に照る山もみじ,濃いも薄いも数ある中に、秋を彩るかえでやつたは

ここ、金田一も、少しずつ秋が深まってきたようです。
田んぼでは、稲刈りが行なわれ、実りの秋の始まりです。
栗拾い、胡桃拾い、そしてきのこ採りに忙しい人たちがたくさんいます。
私といえば、「食欲の秋」で毎日、ぶどうを食べています。
 少しは、スポーツの秋にしなければ・・・・。と思うこのごろです。
2008-10-01(Wed)

秋の七草

あっという間に10月になってしまいました。
今年の活動も山場となり、気が抜けない状況になってきました。
年中行事のカレンダーの絵は、一つ一つ決まってきているので、構成を急がなければなりません。

これは、10月の絵です。

tuki.jpg


『お月見』
秋の七草の『すすき、はぎ』が描かれていて、満月のお月様が素敵ですね。
ところで、秋の七草がいえますか?
『萩(はぎ) 薄(すすき) 桔梗(ききょう) 撫子(なでしこ) 葛(くず) 藤袴(ふじばかま) 女郎花(おみなえし) 』
お正月の1月7日の七草(ななくさ)は、7種の野菜が入った粥を食べる風習のことですが、秋の七草は、見て楽しむものだそうです。

プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。