2008-06-30(Mon)

地域を愛する友は、最高!!

今日、29日は待ちに待ったカシオペア連邦地域づくり助成事業公債審査会がありました。

この審査会は、 カシオペア連邦内(二戸市・軽米町・九戸村・一戸町)を舞台に、住民自ら主体となって「地域づくり」の芽を育てる活動や、新たな発展・展開を目指した活動に対する活動資金を、民間主導(NPO)で助成していく審査会です。
 特に、地域コミュニティの課題解決を目的とする取り組みや、地域資源を活かした独創的な地域づくり活動に対して助成をおこなうことを目的としています。


審査会前は、どのグループも緊張顔で、プレゼン用紙を真剣に見ていました。
私たち、『よりゃんせの金田一』のプレゼンは、3番目です。
3回目のプレゼンとなりますが、審査は、本当に緊張するものです。
言いたいこと、伝えたいことはたくさんありますが、3分と時間が決まっていますから、大変難しいです。
要点をグループで考え、台本を作りました。
年中行事の本を作り、どのように地域を盛り上げるのかが私たちの課題です。
プレゼンが終わり審査となり、緊張もピークになってきました。
審査というものは、優劣をつけなければならないものなのですが、酷なものです。
私たちの、『よりゃんせ金田一』は、申請の金額には達しなかったものの,ほぼ、申請金額に近い金額でした。
他のグループも、申請金額より下回ってしまい落胆の顔が見られましたが、さっぱりとしたいい顔をしています。

カシオペアは、私たちの住んでいる地です。
この地に生き、生活をしています。
この地を愛おしく思うのは、私たちだけでしょうか。
いいえ、違います。
この審査会を見ていると、この会場に来ているみんながこのカシオペアを愛しているのがわかります。
グループの輪ができて、地域の輪ができています。
これで、資金にめどがつき、1歩どころか、前進しました。
本当に、ありがとうございました。

金田一地区の年中行事カレンダー』の発行目指して頑張ります。








スポンサーサイト
2008-06-28(Sat)

重曹風呂


知人から、体にいい事をききました。
その名も、『重曹風呂』
お風呂に、重曹をスプーンで1杯入れて入ると、肌の色が白くなり、すべすべすると言う。

早速、試してみることにしました。
重曹は、炭酸とも言うそうです。
丁度、ワラビのあく抜きをするために買ったものがありましたので、それをお風呂に1杯いれました。
お湯は、ぬるぬるとした感じがします。
ワラビのあくが抜けるように、人間のあくも抜けるのでしょうか・・・。

なんとなく、気持ちが良いです。
先日、体を壊してからというもの、より健康に関することに敏感になりました。
何事も、継続をしなければ、良いとはいえません。
いつも、3日坊主になる私には、難しいことですが、これなら続けられるかもしれませんね。
まずは、やってみようと言う気持ちが大事ですね。
2008-06-26(Thu)

読み聞かせ会


金田一小学校で、『読み聞かせ』の、取り組みが行なわれています。

よりゃんせ金田一が、依頼されましたのでいってきました。
朝の学校は、すがすがしいですね。

子供たちに『二戸狐ばなし』を語るのは、初めてです。
どれだけ伝わるか、初めての試みです。
今日は、1,2学年なので、大型紙芝居にしました。
題目は、『曲坂の女狐』です。
きこりの男たち3人が、山で木を切っていると、狐がやってきて、弁当を盗む話です。
1,2年生 約90名は、真剣に聞いていましたが、中には、金田一弁がわからないのか、きょとんとしている子もいました。
話を、もうすこし、、噛み砕けばよかったなぁ・・・・。と反省しました。
そして、年齢が低いほど効果音が、必要だとまたまた、反省しました。
でも、良い体験でした。
心地よい朝のひと時でした。
2008-06-25(Wed)

ミニ草履売れる!

 なにゃーと物産センターと小鳥谷の『里やま市場』に出していたミニ草履が売れたと、電話を頂きました。
この草履は、とうもろこしの皮で出来ています。
一つ一つ丁重に作り上げているものです。
小さいからといい手抜きをしないこだわりの一品です。
斉藤さんの愛情たっぷりの手作りミニ草履です。

zourist.jpg


値段は、<350円>
ためしに、5個置かせてもらいました。
それが、完売したとの事です。
追加注文を頂いて、作成者の<斉藤さん>は、大忙しです。
夜なべをして、4日間の間に11個作ってくれました。

 この物価高の折に、石油製品のビニール袋、鈴、テープの値段が上がってしまい、どうやって、利益(手間賃)を捻出するかが問題になってきました。
斉藤さんは、よりゃんせの手助けになればと、言ってくれているのですが・・・。
この値上がりは、いったいいつまで続くのでしょうか・・・。

2008-06-24(Tue)

狐の縄張り地図

6月26日8時15分から20分間、金田一小学校にて、読み聞かせを行ないます。
  対象は、小学2年生です。


大型紙芝居の題目は、『曲坂の女狐』です。

昔、二戸地区に狐が住んでいたことをわかり易く説明できるように、地図を作成しました。

chizu.jpg


小さいので、拡大が必要のようですが、予算がないため今回はこれを持ち、お話に行ってきます。
さて、どうなることかお楽しみに・・・・。

2008-06-23(Mon)

看板

舟沢観音・12曲がりの下にある『花壇』の看板になる材料を探しに出かけました。

板1枚でも、気に入ったものは高く、予算は取れないし、困ってしまいました。

あ、そうだ!
と、思い出したものが、ありました。
以前、街づくりの人から頂いたものです。
かわいいと思い、大事にとっておいた一枚の絵です。
それを、ラミネート加工して板に貼り付けました。

kanban.jpg


日の目を見ることが出来て『狐の絵』も、嬉しそうです。

2008-06-20(Fri)

地域の輪

先日の『天神山と舟沢観音、花壇作り』は無事に終わりましたが、花壇のスペースが少し開いていて困っていました。

それが、うわさになったのか、近所に人たちが、事務長の玄関前に花を持ってきて置いていってくれます

「都わすれ、ミント、あやめ、夏菊」などなど。
「家で余っているから・・・」などと言いながらもやさしさが溢れています。
地域の人々の力で花壇は、たくさんの花が咲きそうです。
 
近くに来たときには、どうぞ寄ってみてください。

hanasagyou.jpg


2008-06-19(Thu)

いざ、審査会!

 カシオペア連邦地域づくり活動助成申請書を書き上げました。
2、3回の話し合いを持ち、ようやく、できた申請書です。
 活動の事業題目は、『金田一をもっと好きになろう!金田一の年中行事パートⅡ』です。

 昨年収集した金田一の年中行事をまとめて、見やすく保存できるような、カレンダーのようなものにして発行し、年中行事の大切さを知らせたいと思っています。
審査員の人たちの印象はどうでしょうか?

助成金額は、『16万』です。
印刷代として申請しましたが、地域活動という面に欠けるでしょうか?
29日の審査会が、待ちどうしいような怖いような心持です。
2008-06-17(Tue)

金田一宝巡り「天神山と舟沢観音」

6月15日(日)
集合;8時50分 出発;9時

快晴とまではいきませんが、ウオーキングにはとても良い日でした。
昨日の地震で参加者が少ないのじゃないかと、心配をしましたが、
参加人数は、22人でした。
まとまって歩くには、丁度良い人数・・・。
和気藹々とした、気持ちの良いウオーキングでした。
金田一に住んでいても来た事がないと嬉しそうに探索をしている人や、2回目となる観音様めぐりを楽しみにしている人。
どの人も、気持ちよい汗をかいていました。

食事は、会長さんのおかあさんの手作りの「山菜ごはんとみそつけもち」
この味噌付けもちの味噌の味はとてもおいしくって大評判でした。

その後の花壇つくりを行い、花壇は、とてもきれいになりました。
 
観音様も、喜んでいることでしょうね。
2008-06-15(Sun)

父と私

 私にとってこの一週間は、とても辛い毎日でした。
熱が下がったかと思うと、夕方から上がり悪寒がして眠れない日が続きました。
病名は、風邪ではなく「尿路感染症」でした。

いろんな、病気があるのですね。
熱が上がるのは、風邪ばかりだと思っていた私の浅はかな考えでした。
疲れた顔色の悪い私の姿が気にかかったのか、父がやってきました。
父は、ぶっきらぼうに私に、袋をくれました。
あけてみると、中には「しじみと葡萄」が入っていました。
私が食欲がないのを知り、もってきてくれたものに違いがありません。
私の大好きなものを、大事そうに持ってきてくれた父に感謝をし食べると、少しづつ元気になってきました。

今日は、父の日です。
何を、待って行ってあげましょうか。

「感謝の気持ちと、大好きなもの」それが一番ですね
      

2008-06-10(Tue)

健康管理


 夏風邪かも・・・。
体の節々が痛み、ちょっとと辛い一日でした。
どうしてこんなに苦痛なんだろうと、体温計で熱を測ることにしました。
なんと、「38,8℃」もあり、体温を見ただけで気が遠くなりました。
人間て、なんて弱いのでしょう。体温計の数字は、精神的にダメージを与えますね。
今日は、定例会があり、お客さんもやってくる大事な日でした。
こんな日に具合が悪くなるなんて・・・・。
しかたがないので、私は、欠席させていただき、みんなの意見を会長さんから聞きまとめたいと思います。

  まずは、健康管理をきちんとし、15日の「金田一宝巡り」にそなえたいと思います。
       
2008-06-08(Sun)

宝めぐり 2


 いよいよ、来週の日曜となった「金田一宝巡り」です。
準備は、オッケー
天候だけが気がかりです。

   ★日時  6月15日
    集合 8時50分     下平(オカリヤ)延命地蔵尊まえ
    出発 9時

    コース;オカリア→天神山→舟沢観音→花植え・食事

  申しこみは、今の所20名と少ないのですが、当日参加もできるのでたくさんの人が参加してくれると嬉しいですね。
       
2008-06-07(Sat)

<鬼と菖蒲>つづきの続き

3日間の昔話となりました。
嫁っこに見っかった男は、どうなったのでしょうか?

    <鬼と菖蒲>続きの続き

男ぁ、なんもかんもおっかなくて行ぎたくながったども、行がなぎゃどっただ目にあうが・・・ど思って仕方ねしに、おっかねぇおっかねぇってかだって行ったズ。
 
だんだんど行ったば、
水車の音ぁギーギーど叫んでくる田んぼの細道っこさしかかったどぎ、女の頭さ急に角ぁニョキニョキど生えで、口ぁ耳まで裂けでおそろしねぇ鬼の姿に変わって
「ヤイ、きさまぁ、よぐも先に俺をぼんだしたなぁ、今仇とってけるしきゃぁ念仏でも唱えろ」って火でも、吐ぐようだまっかなぁだして、口なめづりしながら、毛ぁもじゃもじゃど生えだ瓜のよんた長ぐなった手のべで飛びかがって来たズ。

男ぁどんでんしてあっちこっちににげまわっても、鬼さばかなわなぐって今にも、押さえられそうになったズ。
「とっても、わがんねぇ」どあぎらめだどき、目の前さ菖蒲ぁ生えでいるのをめっけだズ。
「あ、これだ。たすがった」ど思ってその中さぁ飛び込んで、体かぐしたズ。
そりや、鬼にばれだぁどきぁ、菖蒲の中さ隠れればよい。
鬼ぁ菖蒲さぁあだれば、体腐るからだズ。

鬼ば、かげできて雷のよんだ声で、「出ろ、出ろ」って叫がんでだズ。
ではれば殺されるへで、男ぁまだまだ小さこくなってだズ。
いつまでもまでども切りぁねへで、とうとうあぎらめでどこさがいってしまったズ。
2008-06-06(Fri)

<鬼と菖蒲>つづき

<鬼と菖蒲>続き 仲人さんが、新しい嫁っこ連れで来たどころがら・・・。
「こんどの嫁っこぁ、飯ばぁ一粒の食わねぇ。そして、ひどく稼ぎでだ」って、へったズ。
見れば、この前の嫁っこよりもきれいだし、姿っこよいへで、慾だかりだへでさっそぐもらうこどにきめたズ。
嫁ぁ仲人にへった通り飯は一粒もくわねぁし、よぐかせえだズ。
ところぁ、二,三日の間気ぁつかねぁでいたが、毎日毎日のようにかますの米ぁがっぱりと減ってるズ。
男ぁ、これぁ不思議だ。俺ぁよげ食はねぇし、嫁ぁ一つも食はねぁのさ、こったに減るはずぁねぁ。
おがしいぞ、なんと考えでも、へんだぞと首をひねってだズ。
「そんだ、たしかにこの女ぁ怪しい」こう思って、
ある晩げ早く寝だ振りしてこっそりど台所のすみっこさぁかぐれてみでだズ。
そただこども知らねぁで、嫁ぁ大きだ鍋さ、かますがら米いれで炉さかげで、どんどんと火燃したズ。
そして、しばらぐ煮でから炊き上がった鍋ぁおろして握り飯、ざるさいっぺぁこせぁだズ。

それがら、
どやすがと思ってだきゃ頭の髪かぎわけで、そごさある握り飯をぼんぼんど投げぇいれだズ。
毎晩げぇ、男ぁ寝でから、こうやして飯炊いで食ってだのだズ。
握り飯も、食ってしまったへで、こんどぁ、台所の後始末はじめたズ。
そやっているなかに、すみっこで、ガタガタふるってだ亭主めっけでしまったズ。
そして、「俺ぁ、今里帰りしてぁ、お前さんも、一緒にかだってお出ぁれ」ってへったズ。

続きは、また明日。


 「こっちゃぶしなくてならなかった」の意味は、
「おっかなくって、ならなかった」でした。

方言って、感情が伝わりやすくおもしろいですね。



 昨日は、雨が降るとばかりによりゃんせで借りた畑の草取りと肥料をまきました。
何年も放置していた畑なので、作物(小豆)は、植えることが出来ないようです。
そのため、今回、学校の生徒と一緒に植えることができなくなりました。
非常に残念です。
肥料をまいて、畑を改良することから初めねければならないそうです。
撒いている肥料は、会長がEM菌に糠と糖蜜入れて練り上げた物です。
あまづっぱい匂いがします。
植物や人間にも優しい自然の肥料です。
きっと、きれいな花壇が出来ることでしょう


 


 
2008-06-05(Thu)

鬼と菖蒲

「五月節供に菖蒲を頭にまくと頭痛にならない」「菖蒲を屋根に掛けると邪気をはらう」と、いわれています。
そして、<鬼と菖蒲>という、昔話もあります。
金田一村誌にも、この話がかかれてありました。
     <鬼と菖蒲>
 昔あるどこに、とっても慾だがりなわげぇもの(若い者)あったズ。
嫁っこ欲しどもってさがしだつども、注文がむづがしくて・・・。きれえで物ば良ぐかなぁで、かせぐの欲しづのだズ。
そただ、都合の良い嫁ってねぇもんで、ながながめっけれないでいたズ。
それでも、或人の世話で注文どうりの嫁っこもらって喜んでいたズ。
もらって、20日ばがりぁ、飯もさっぱり食はねぇし、かせぐし女子ぶりはよし、とっても気に入っていたども、また20日すぎだっきゃ1日に大きな鍋で飯炊いでも、ぐりっと食ってしまうようになったず。
その上、夫婦喧嘩すれば、とんでもなく力あって悪ぐすれば、ひっぶされそうになったズ。
こただやつ、おいでいだら後でとんでもないめにあうんだ、おかねぇことだど思って仲人さ話して、とうとうその嫁ば、ぼん出すことにしたズ。
嫁っこは、恐ろしいつらづきで
「おべでろ!きっとかだきとってやるぁ」って出て行ったズ。
男ぁ、嫁ぼだんして、ほっと安心したども、出ていぐどぎのつらぁ思い出すたんび、こっちゃぶしなくてならながったず。
それがら、一日ばり経った或日、仲人ぁ一人の女をへできたず。

 今日は、ここまで。
続きは明日ですが、この「こっちゃぶしなくてならなかった」とはどんな意味でしょうか
2008-06-02(Mon)

菖蒲を探しています。

5月5日の端午の節句の日に、ショウブの根や葉を入れて入浴することが伝えられています。>(旧暦の5月5日は、6月8日です)
菖蒲2本と一緒に『よもぎ』も一緒にします。
この湯に入ると、<邪気を払う>とされています。そのせいか、毎年入浴しないといけないような気がしています。
ショウブは「勝負」や「尚武」につながるともいいますが、元は薬草です。
薬草を入れた温水浴としての民間医療行為としての意味があり、これが年中行事となったようです。同様の例として、冬至の日の柚子湯があります。
どちらも、香りが強く一般の入浴剤より一味違ったお風呂になり、心も体もリフレッシュしますね。
近頃は、どこに生えているか解らず、スーパーにいき買うことが多くなりました。
今年は、自分で探したいと思っています。
プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: