2008-03-30(Sun)

あさつき


家の裏の土手で、「あさつき」を見つけました。
枯葉の中を縫うように這い出て、ようやく顔を出しました。
本当にきれいな緑色です。
それを、惜しむかのように丁寧にはさみで切りました。
その、「あさつき」で料理するのは、
『チヂミ風お好み焼き』です。
小麦粉を水で溶き「あさつき」をいれ、フライパンで焼きます。
たれは、コチジャンと醤油,酢をあわせた物です。
これで、朝食の一品になります。
とてもおいしいですよ
土手には、にらとチャイブも植えてあるので、すこし芽が見えていました。
これも、『チヂミ風お好み焼き』の材料になります。
大きくなるのが、楽しみです

me.jpg


tidimi.jpg


スポンサーサイト
2008-03-26(Wed)

湯の香市

金田一温泉センター『ゆうゆうゆーらく』、『産直 湯の香市』が開かれました。

あいにくの雨で、肌寒いせいかお客さんは、あまりいませんでした。
今日は26日。
入浴料が安いので、お風呂に入る人たちは多くいました。

「みそもち」「ほうれんそう」を買いました。
みそもちは、香ばしい味噌のにおいがして、甘味噌加減が丁度よく、おいしかったですよ

uriba.jpg


2008-03-25(Tue)

きんかもち

お彼岸も終わり、世間は春休みのまっ最中です。

今日は、子供たちとの月一回のおやつ作りの日です。

いつもは、クッキーやうどん、かりんとうなどですが、今日は、新しい物に挑戦しましたbikkuri01

行事食の一つ『きんかもち』です。

まずは、くるみをとり、しょうゆ、ごま、さとう、黒砂糖で、中にいれるあんを作ります。

硬いくるみの殻を見て、不思議そうに「リスの歯は、すごいねぇ」と言った子がいました。
(今時の子は、くるみも知らない子もいるようですね~)

あんが出来ると今度は、皮です。
小麦粉は、金田一で生産している「菅原製粉」の南部小麦粉を使用しました。
子供たちの中には、中国の餃子事件以来、食に対し関心をもつ子がいて、日本産にこだわります。

私も、子供たちには出きるだけこの地で採れた物を食べさせたいと思っています。
この小麦粉に少しの塩をいれ、少しずつ熱湯を注ぎ、捏ねながら耳たぶぐらいのやわらかさにします。
そして、小判型にしてあんをいれ半分にし、半月のような形にします。

なべいっぱいの水を沸騰させてます。
一つ一つ、ゆっくりと入れ、浮き上がってきたら出来上がりです。
出来たものは、不恰好でしたが、子供たちの笑顔でおいしかったですよ。
 

私たちの地域では『きんかもち』と呼ばれていますが、別名『かます』もちとも呼ばれています。

送り盆にお供えをするものとして伝えられているものの一つです。
「仏さんが、帰り道のおなかがすかないように」とお土産に持たせるというやさしいきもちから生まれたものだそうです。

どの子も、優しいこになるように・・・・。願っています。

kurumi.jpg


omoti.jpg


2008-03-23(Sun)

三度目の正直 がんばるど~!!



第7回カシオペア連邦地域づくり助成事業の『最終報告会』が行なわれました。

よりゃんせは、トップバッターで一番。
会長さんは、緊張顔でした。

スムーズに報告をし、質問となりました。
昨年の評価が良く、今年の期待と課題を言われ、まさしくその通りと2人でうなずいてしまいました。

この報告会があるので地域づくりのヒントが見え、参考になる話が聞けます。
私たちも地域に密着した活動をしようと一生懸命です。
そして、活動をする楽しみもでてきました。

楽しくなければ、面白くなければ長く続かないそう思う日々です。
今年こそは、念願の満額をとれるようにと、がんばるよりゃんせです。

houkoku.jpg


2008-03-20(Thu)

たから飴とサイカチ

よりゃんせでは、活動の収入の一部として金田一の藤原商店から『たから飴』を購入し、なにゃーと物産センターに納めています。
物産センターのレジ前の棚に陳列され、値段は100円
素朴で昔ながらの味なので良く売れ、2ヶ月に一回の割合で100個収めています。
今日は、『なにゃーと夜市』があるので、早速、届けにいってきました。
飴の袋には、いつもなら、狐の折り紙が付いてているのですが、今回は、春らしく『花』の切り紙を貼ってみました。
売れるでしょうか?楽しみです。



帰りに『なにゃーと夜市』に寄ると、春らしい商品がいっぱいありました。
ふきのとう、のかんぞう、あさつきなどの春の山菜です。
その中に,一風変わった物を見つけました。
『サイカチ』です。石鹸代わりに使われるとばかり思いましたが、さいかちの実を煎じて飲むのだそうです。
扁桃腺や風邪に効くのだそうですよ!
サポニンが入っていて体にいいのだそうです。お店の人は、
「食べ物をのせる皿を洗うのだから害はないし、葉は、若いときには天ぷらにするといい」と言っていました。
春になったら、サイカチの木を探して葉っぱを取り、食べてみたいと思います。


2008-03-17(Mon)

彼岸団子

今日は、『彼岸入り』です。
“暑さ寒さも彼岸まで”と言われています。
今日の二戸は、時折冷たい風が吹きましたが、外に出て遊ぶには丁度良い天候でした。
『彼岸』は、春と秋にあります。春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間のことで、この期間に行われる仏事(彼岸会)のことです。
 
産直『ふれあい』で花とだんごを買い、お墓参りにいきました。

祖母が生きていたころは、よく、だんごを作ってくれました。
私は、あんこが嫌いなので、外側の皮だけを食べて、ごろんとしたあんをそのまま残していました。
祖母は、私を叱らずそのあんをおいしそうに食べてくれました。
祖母のあんは、ちょぴり塩味のあんでした。
お店のだんごは、甘さのある砂糖がたくさん入ったあんこばかりで、口に合いません。
祖母のだんごは今となっては、食べたくっても食べれないもので、そのあんの味が、恋しくって捜し歩いています。
2008-03-16(Sun)

うきうき団子をお供えしましょう。

 農神様の日
五穀豊作を願い俵の形の団子を16個供える
このだんごを、うきうき団子と言うのだそうです。
これを食べると、良い種をもってきてくださるという言い伝えがあるそうです。

 うきうき団子と言えば、へっちょこだんごのことをいうとばかり思っていましたが、
このうきうき団子は、ちょっと違うようですよ。

 
2008-03-15(Sat)

ふきのとう見つけた

太陽が、曇り空から顔を出してきたので、『ふきのとう』を探しにいきました。
子供たちを誘うと「何ナノそれ?」と言われ、あまり興味がないらしくすぐに、遊びに戻ってしまったので、一人で十二曲がりまで行きました。
野原の隅の草むらから,『ふきのとう』が、ひょこりと顔を出していました。
hukinotou.jpg


一つ見つけるとまた一つ、また一つと、24個見つけました。

hukinotou2.jpg


早速、『ふきのとう』をてんぷらにして
「春の味でーす!」と言いながら食卓に出すと、変な顔。
においをかぎながら一口食べると、またまた大騒ぎ!

結局、ふきのとうを食べたのはひとりだけでした。
子供たちにとって、山菜の独特の風味は苦いとしか感じないのでしょうね。
そういえば、私も、最初はあの味が嫌いでした。
年なのでしょうか、この味が恋しくなるときさえあります。

生きているって、面白いですね!! 
 
2008-03-14(Fri)

明日は、探しにでかけよう!

ふきのとうは漢字で『蕗の薹』と書くようです。
金田一の産直『もぎたて』にほうれん草を買いに行ったら、ちょこんと、店頭に並んでいました。
値段は、200円。
初物なので、この値段が相応しいのかもしれない。
我が家の近くにも、蕗の薹の生える場所があるので行くことにしたら、
午後から、あいにくの雨になりました。

明日は、朝のうちに子供たちと一緒に探してみたいと思います。

カシオペアサポーターズからの依頼で、カシオペアFM『シルバー応援団』に二戸狐ばなしを語ってくださいという話が来ました。
早速、よりゃんせで語りのうまいスタッフが出かけ、吹き込んできました。
  
  *放送時間  19日: 11時と18時 23日:7時と10時
 
   皆さん、聞いてくださいね!!
2008-03-13(Thu)

こんな時は、《佐助豚》

今日の二戸は、冷たい風が強く吹き、肌にさすほどでした。
子供たちと遊んでいるうちに目や鼻が、ぐすぐす、しょぼしょぼしてきました。
こうなると何をしても手につかず、ご飯仕度など考えられません。
夕ご飯は、『何をつくろうかな・・』と考え、冷蔵庫を開けると中に『佐助豚』が、入っていました。
ただいま、私のマイブームです。

この佐助豚の肩肉(ブロック)をいろいろな野菜を入れて圧力なべで調理すると、とてもおいしいのです。
調味料は、産直『ふれあい』の焼肉のたれ、醤油,酒、さとうなどをいれます。
20分ことことと煮ると、はい、できあがり!!


佐助豚は一度調理すると、冷めても脂が固まらないので、おいしさはそのままです。
ふんわりとした、旨みが伝わってきますよ。
2008-03-11(Tue)

3月の例会

3月例会
今日、3月11日19時から会長宅にて例会が開かれました。
久しぶりに集まり、にぎやかに行なわれました。
例会の内容は、<19年度の反省と来年度の行事について>でした。
昨年の行事を見てみると、良くぞここまでやったと思えるほど行動していることがわかり、我ながら頑張った一年だと思いました。
 
しかし、金田一地区に『よりゃんせ金田一』の名前が知れ渡ったかというとそうでもないようなので、継続が大事だと思う。
昨年度の目標は、<金田一の年中行事パート2>で、今年も継続し年中行事を知ってもらうために、を出したいと思います。
皆に、親しんでもらえる本を作りたいと思います。
年度末の締めくくりをして帰る夜道は、春も近いせいか、暖かい感じがしました
2008-03-08(Sat)

口寄せ

<口寄せ>と言えば、
神託や死霊のことばを,霊媒である巫女に語らせることですが、この巫女を
{イタコ}
と呼んでいるようです。
この{イタコ}が有名なのが、青森の恐山です。
死者の御霊を呼び、口寄せ(口うつし)を行なうイタコがいる霊場として有名な山です。
この{イタコ}が、二戸の川又に住んでいたようです。
祖母が健在のころ、この時期になると良く尋ねて行っていました。
祖母は、{イタコ}に家族のこと(運勢?)を訊ねていました。
私のことも訊ねてみると、「子供たちと一緒に遊んでいる」と言われたそうです。
私の仕事が、保育士になったのもそのせいかもしれません。

二戸狐ばなしに、『狐つき』と言う話がありますが、狐に取り付かれた人が{イタコ}に呪ってもらうのです。
狐が人につくとは、一帯どんなものなのでしょうか?

金田一の『日ノ沢の千手観音』にいらっしゃった巫女は、いろいろなことが見えたようです。
信心深い人には、凡人には見えないものが見えるのでしょうね。
2008-03-07(Fri)

なにゃーと夜市

今日の二戸の天候は、昨日のあられ模様と違い暖かい一日でした。

お昼に、『なにゃーと夜市』に出かけました。
春らしい天候に、多くのお客さんが訪れていました。

さて、何を買おうかなと物色していると、「いらっしゃい!いらっしゃい!」と呼ぶ声が聞こえました。
お魚屋さん、小松せんべい屋さん、仕出しの佐藤さん、いろいろな店から声が聞こえてきます。

そこで、
おいしそうなイチゴを2パック、なし、ほうれん草、せんべいを買いました。

『なにゃーと夜市』は、毎月7日、20日の午後に開かれています。

nanyato.jpg


金田一では、26日に『ゆーらっく』で<湯の香市>が開かれます。
26日には、味噌餅とりんごを買いに行きたいと思います。


2008-03-06(Thu)

あたらしい いきもの

昨日の、<いきもの>の続きです。
我が家に、いきものがまた、ひとつ加わりました。
ウーパールーパーです。
水槽が大きく見えるほどまだまだ、小さい子供です。
5匹います。

餌は、赤虫です。

upako.jpg


大きくなるのが楽しみです!



2008-03-05(Wed)

啓蟄

3月5日<啓蟄>
二十四節気の1つ。
太陽の黄経が345度の時で、大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころです。
ひさしぶりの天気のよさに、子供たちも浮き足立ち、外へ出かけていきました。

我が家で飼っているいきもののひとつ[かなへび]が、活発に動き出してきました。

水が欲しいようですので、コップで水を地面にかけました。
枯葉と枯葉の間から、ちょこんと気持ちよさそうな顔を覗かせました。

kana.jpg


良く、一冬越しましたね。
春になったら、自然にかえしてあげましょうね!
2008-03-03(Mon)

ひなまつり

今日は、『ひなまつり』です。

我が家にも、おひなさまがあったのですが、子供たちが飾ってあるお雛様をみて
「こわい!」と泣くので飾ることをやめました。
今は、実家の押入れにしまってあります。
  
お雛様といえば,昨年だったと思いましたが、<大迫の宿場のおひなさま>に街作りの方と一緒に大型紙芝居やお雛様を見に行ったことを思い出します。

町中が協力し合い、このイベントを盛り上げようとしていました。
大型紙芝居も素晴らしく、見る人を魅了させてくれました。
これが、よりゃんせの手本となり、作成がしやすくなり本当に助かりました。 

二戸にもこのようなイベントがあるといいのですが・・・・。

hina.jpg

このお雛様は、二戸の老人クラブの人たちが『ナニャート』で売っていたものを購入した物です。
とてもかわいらしいですね!

2008-03-02(Sun)

金田一芸能のつどい

金田一芸能のつどいに参加しました。

今日の演目は、紙芝居『曲坂の女狐』『武内神社祭礼と女狐』でした。
『曲坂の女狐』・・・・薪取りに出かけた3人の男たちが、弁当をまがちゃかまんこ女狐に取られる話です。薪山の風景が目に浮かぶようです。
 
今日は、春らしい天候でお客様の足取りも良く、たくさんの人が来てくれました。
昨年の発表では、マイクを使ったとき使い方が解らず声がわれてしまったので、今年こそはと思いましたが、やはり難しいようでした。
次の発表に備えて、早めに音楽を用意したいと思います。
2008-03-01(Sat)

一戸図書館に行きました。
目的は、新見南吉の絵本『狐』と三浦哲郎『いとしきものたち』を借りることでした。
(『いとしきものたち』は、以前借りたが半分しか読めずに返却してしまいました。)
最悪なことに借りられていたため、他の絵本だけを借りて帰えることにしました。
家についてから、やはり、その本がどうしても欲しくなり、パソコンに向かい《楽天》で買いました。

また、買ってしまった・・・・・。 

図書館から借りて、気に入ってしまうとどうしても欲しくなり、ついついインターネットで検索をして、手に入れてしまいます。
最近、本の買い物は、インターネットが多いです。
楽な世の中になりましたね!(買いすぎに注意ですね)
プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: