--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-08(Sat)

6月の生き物たちパート2

アカシア


庭に甘い匂いがします。
花の匂いです。
匂いの元は「アカシア」のようです。
藤の紫色に変わってアカシアの白色が目立ってきました。
この時期になると「アカシアの花の天ぷら」が食べたくなりますね。
庭の匂いに誘われたのは私だけではなかったようで、ツバメが2羽やってきました。
巣作りをしたいらしく軒下に何回もやってきては場所を確かめていました。
子どもたちもこんなに近くで見ることは今までなかったらしく、
驚きながら「わぁー」と、感動の声をあげてしまいました。
そのとたん、飛んでどこかに行ってしまいました。
軒下に巣作りされては衛生上よくないし、でも、観察してみたいしと心が揺れていたので
少し残念でしたね。
ツバメ


午後になり、子供たちが歓声を上げて見せてくれたのが
今年初めてのトンボ「シオカラトンボ」
シオカラトンボは本当に久しぶりです。
自然あふれる二戸ですね。
トンボ
スポンサーサイト
2013-06-07(Fri)

6月の生き物たち

シジュウカラ


砂場の上に巣箱を置きました。
毎年、巣箱に入って巣作りをする「シジュウカラ」
今年もやってきたようで庭に小鳥の声が響きます。
子供たちが砂場で遊んでいるのですが、慣れてきたのか平気で餌を運んでいます。
たぶん、卵が孵化したのでしょう、かわいいひなの声もしてきました。
畑にトマトやなす・ピーマンの苗を植えましたが、雨が降らないせいもあり発育が良くありません。
まだ、まだ梅雨入りはしないようですが、朝夕冷え込み、冷たい風が吹きます。
風邪をひいて長引いてしまう人も増えてきました。
やはり、半袖よりは長袖のほうが良いようですね。

ブルーべりー

畑の道を登りブルーベリー畑に行くと、ブルーベリーの枝先にたくさんの実がちょこん、ちょこんと、
ついていてとてもかわいらしいかったです。
子どもたちは「はやく、大きくならないかぁ~」と、何度も見ていました。
帰り道に山道を通ると「カタツムリ」を発見しました。
雨が降らないせいか、動きが鈍そうです。
みんなに見せていると、
「口はどこにあるのだろう?」「目は見えているのだろか?」
などなど疑問の声が聞こえてきました。
「後で図鑑を見てみよう!」と、そっと逃がしてあげました。
答えにたどり着けるか心配になり、子どもたちが忘れるかもとかけっこをして帰ることにしました。


カタツムリ
2013-05-24(Fri)

庭の生き物たち

だんごむし



春になると・・子供たちが見つける虫たち。
そっと、手に捕り、バケツに入れて触っている。
『そっとしておこうよ・・・。』なんて、言ったって無我夢中。
私の宝物。僕の宝物。
子供たちの目がキラキラしている。
「明日は運動会でしょう。虫にいじわるすると雨が降るよ!」の一言で
「逃がしてあげよう」と、思ったらしくバケツを持ってうろうろしていた。
明日は金田一小学校の運動会です。
一年生たちは初めての晴れ舞台。
迎えのお母さんが来ると、興奮して駆け足で帰って行った。
バケツに入れたダンゴムシがそのままになっていたので、逃がしてやりました。
今年初めて捕まえた「カナヘビ」は、冬越ししたものらしくでかい。
「逃がしてやるなんて・・・いやだ!」と、思ったらしく、そっと持って帰ったらしい。
大事に飼ってあげてくださいね。
カナヘビ


金田一温泉アートクラフト市」の出店者募集のチラシができました。
明日、明後日とチラシを渡しながら勧誘活動をしていきたいと思います。
チラシの裏に申し込み用紙がありますよ!!
2013-05-18(Sat)

ゴイサギ

さぎ
ゴイサギ


「やはり、ゴイサギだ!!」
ついつい、大声で言いたくなった瞬間、巣にいた鳥たちが羽ばたいた。
どうやら、私に気づいたらしい。
馬淵川沿いにおびただしくある木々の一角だけに巣作りをしているようだ。
ゴイサギの集団ねぐらは、人間が近づけない、樹木が生い茂った場所に作られるそうで、
やはりその木々に何十個と巣があった。
まるで、コロニーのようです。
ゴイサギは木々の枝に止まっているときはサギ特有の首がない。
ずんぐりむっくりです。
しかし、飛んでいるときや獲物を捕るときには別人(別鳥)のように首が長くなるようです。
どうにか写真にとることができました。
あ~一眼レフが欲しいですね。



おかげさまで「奥州街道」は15名となりました。
ありがとうございます。
2013-04-27(Sat)

石割さくら

石割さくら
桜の蕾


金田一温泉郷にひっそりとある「石割さくら」
咲いたばかりのようです。
「せっかく咲いたばかりなのに冷たい雨に打たれてかわいそう」と、
子供たちが大きい声であいさつを始めました。
「咲いてくれて・・ありがとう!」
金田一小学校で教えてもらったようで、笑顔であいさつをすると桜も答えてくれるといっていました。
いい言葉ですね!
石割桜の周りには放置されている田んぼがあります。
その休耕田を利用して温泉郷では花を植えようとしているようです。(あやめや花ショウブ)
花もよいけれど、この地を生かして子供たちに見せたい自然もあります。
そう、よくよく見て覗き込むとカエルの卵やタニシなどがいるようです。
多分、もっと暖かくなるとほかの虫たちがいるのではないでしょうか!
この場所を生かしたビオトーブを作ってもらえたらどんなに良いでしょうか!
プロフィール

よりゃんせ事務長

Author:よりゃんせ事務長
FC2ブログへようこそ!

ランキングバナー
にほんブログ村 地域生活ブログへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
リンク
LINK(2)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。